本当に強くなりたかったら訊きに来い?

こんにちは。

今日は前回の続きとして、新極真会鈴木国博師範の成長の軌跡について話したいと思います。

鈴木
  鈴木国博

鈴木師範の自叙伝である『乾坤一擲』を読むと、空手家として重要なエッセンスが入っていると感じます。

まず、何事でもそうですが、自分から訊こう、自分で調べようという気概がなくては何事も成し遂げることはできませんね。

『金持ち父さん 貧乏父さん』という書籍が世界中で有名になったロバートキヨサキというハワイ出身の大金持ちが「金持ち父さん」とよぶロバートの親友であるマイクの父が、ロバートが幼少のころに、ロバートにむかってこういうシーンがあります。

robakiyo.jpg
ロバートキヨサキ

「ほんとにお金持ちになりたかったら、絶対に衰えない情熱、気力、どうしても金持ちになる方法を知りたいという気持ちがないとダメなんだ。それらがない人に私が給料を上げたって何の解決にもならない!」

ということです。

そこを読んで、私は、「どうしても知りたいという欲望がないとダメなんて、そんなもったいぶったこと言ってないで、自分からセミナーを開いたりすればいいじゃないか!」

と苦笑してしまったのですが、やはり金持ち父さんが言ったことが正しかったようです。

そういう無料セミナーを開いても、そこにきた人で金持ちになった人はいなかったようですね。

逆に、自分から「教えてください!」といってきた人から金持ちになった人が多く出たようですね。

ことは空手でも同様で、合同稽古だけに参加して、それだけで終わってしまっている人はやはり強くなれないですね。

自分から貪欲に自主トレをおこなって、そこで先輩や先生に、こういう場合はどうすればいいか、どういう練習をすればいいかといったことを自主的に訊いてくる人がやはり強くなっていますね。

先輩や指導員が教えてくれるのを待っているのはだめですね。

そういう人で強くなれた人は私は知りません。

そういう行動に出れない人は、「強くなりたい!」という気持ちは当然持っているでしょう。

しかし、その気持ちよりも「訊きに行くのはめんどくさい」という気持ちが勝っているのでしょう。

そういう人は、自分の心を明鏡止水の状態になって見つめないとダメですね。

また、空手は全部人が教えてくれるものという考えでいる人は、そこをまず修正する必要があるでしょう。

自分から訊きに行く、これは当然大事です。

鈴木師範は、93年に大躍進を遂げましたが、その際は、決勝に進むもいずれも一本負けでした。

その原因を、城南川崎支部廣重毅支部長は見抜いていたのですね。

GRP_0600.jpg
   廣重毅

それを指摘されたら、鈴木師範は詳細をききたくて城南川崎支部まで出稽古に行ったようですね。

左右の足にかける重心がアンバランスであったのが最大の理由であったのが分かったのです。

だから、それを強制することで、攻撃と防御のバランスをうまくつけることに成功したのです。

前回において、鈴木師範は、当初組手が汚いし、雑であった。

でもパワーを最優先にして、練習を重ねていったがために、そんな組手でも相手が効いてしまい、トーナメントを駆け上がり、世界大会入賞者、全日本入賞者をまでくっていったというエピソードを話しました。

その勝てていったということが重要で、その状態であったからこそ、細部において矯正しようという気分になり、素直に外部のいうことを聞いて直していったのでしょう。

鈴木師範が、新極真会のトーナメントの上位の常連になったころの組手には汚いとか雑とかいう面はまるでないです。

勝ててない状態で、細部においてここをこうしろというようなことを言われても、やはり素直にはなれないのが常道でしょう。

それでいやになって稽古から遠ざかる、なんていう見たくないシナリオを指導員の人で、道場生に対して描きたくない人は鈴木師範の自叙伝を読んでいくことをお勧めします。

私も城南川崎支部に出稽古に行ったことがありますが、そこでは、基本も移動も型の稽古でも、ほとんど解説はしませんでした。

GRP_0583.jpg


順が全然わからないのに、いきなり太極3やれ、平安5やれとか言われてやらされるのですから、順番がまるで分らない人は、周りをきょろきょろ見ながらせざるを得ないのです。

ここでも、廣重師範「教えない主義」「知りたかったら訊きにこい主義」が見れました。

本当に強くなりたかったら訊きに来い、それがでいない人間は本当に強くはなれない、ということが分かっていたのですね。

【本当に強くなりたい人は自分から訊きにいく】

そのことは肝に銘じておかなくてはいけません。

あなたが本当に強くなりたいのなら。

その姿勢を鈴木師範は体現していたのです。

そのことに共感できた人にはぜひとも鈴木師範『乾坤一擲』を読むことをお勧めします。

『乾坤一擲』は以下よりどうぞ!
    ↓



乾坤一擲









今回はこれにて終了します。

ここまで読んでいただき感謝します。

おススメメルマガの紹介です!
    ↓

『フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』


空メール登録は
こちら


スポンサーサイト

エウェルトンテイシェイラと鈴木国博?

こんにちは。

前回は、エウェルトンテイシェイラ(ブラジル)が不器用ながら、持ち前のガンガン前に出る特性を生かして、徐々に強くなり最終的には世界王者になったことを話しました。

今回は、このような過程と同じ道をたどった選手として、新極真会の厚木、赤羽支部の支部長をしている鈴木国博師範について話しましょう。

鈴木
  鈴木国博

このかたは、デビューが1990年になりますから、古参の選手です。

この年に、20歳でデビューしますが、このころには頭角らしいものは表わさなかったですね。

しかし転機となったのは93年全関東大会においてですね。

この大会で、準決勝で世界大会に出場した岩崎達也選手を判定で下し、注目を集めるのです。

そして同年の全日本ウェイト制大会において第16回全日本大会優勝者、しかも第5回世界大会で3位に入ったあの黒澤浩樹選手を準決勝で延長の末、判定で下し俄然注目を浴びるのです!

浩樹
  黒澤浩樹

そうですよね、世界大会出場者を2人も下せば注目を浴びるのは自然ですね。

しかし、この時のビデオを見ると、エウェルトンテイシェイラ(ブラジル)のデビューと同じように組手が粗いし、雑ですね(苦笑)。


・腰を落として構えていないから、攻撃を吸収できていない。

・腰を落として構えていないから、突きが手打ち状態。

・腰を落として構えていないから、蹴りも自分の体重の重さを活かしていない。

・脇の空いたパンチが時おりだしている。

・相手のパンチを捌く意志がほとんどないから、もらいっぱなしで、それゆえに蹴りももらっている。



しかし、国博師範は、彼の自叙伝である『乾坤一擲』を読むと、とにかくパワーをつけることを余念がなかったのが分かります。

拳立て、懸垂、スクワット、腹筋と必ずこなしたようです。

そして肉を食べることも忘れず、道場の同僚たち10人と一緒に食べ放題の焼肉屋に行って100人前食べたのが書かれています。

yakinoniku.jpg


技は力の中にあり!

という金言を決して忘れなかったのですね。

こういう姿勢であったからこそ、雑で粗い組手であるにも関わらず、世界大会入賞者、全日本大会入賞者たちをどんどんとくっていけたのですね。

その姿勢には敬服します。

しかし、「このままの組手スタイルでは、いけない」と実感したのでしょう。

93年関東大会、全日本ウェイト制大会、そして94年全日本ウェイト制大会と3大会連続して決勝まですすみますが、いずれも下段蹴りによる一本負けでしたから。

その反省から徐々に器用さにも意識を向けていったのでしょう。

95年の初頭に極真空手が分裂してしまい、その年におこなわれた支部長協議会派主催の全日本ウェイト制大会に出場し、重量級で優勝し、その年の世界大会準優勝するのですね。

其の後、苦渋の年が続きますが、2000年第32回から第34回全日本大会3連覇を果たし、次の年の世界大会で見事優勝するのです!

tukamotosuz.jpg


これから3年後くらいですかな、この『乾坤一擲』を私が読んだのは。

そこには、先の93年の自身が徐々に頭角をあらわしていった頃に、極真史上初の全日本大会3連覇を果たした三瓶啓二師範から、ガンガン前に出る、まさに何でもこわす組手を褒めてくれた体験談が書いてあります。

しかし現極真会館松井派の館長である松井氏からは、松井師範には、「君の組手は汚い」と言われた。」ということも書かれています。

matsui.jpg
  松井章圭

そこを読んで、私は「あっそうだ。この人の組手は粗く雑だったな…。」ということを思い出し、懐かしくなり、当時のビデオをとりだしてみてしまいました。

しかし全日本大会3連覇をしたころの鈴木師範の組手に雑さはありません。

非常に上手い組手をしています。

しかし、なぜ鈴木師範が、粗く汚い組手でも勝ち上がり、ひいては優勝を重ね、ついには器用さまでも手に入れることができたか?

やはりやる気が出て、修練を重ねていったからでしょう。

勝ち上がるセオリーに則った稽古法だったからですね。

パワーを最優先にしていった。

だから汚い組手でも相手が効いてしまうのですね。

だから、相手が組手の際に退き、それが楽しくなって、さらに稽古に励むようになる。

楽しいから、周りの人間のアドバイスも素直に聞き、矯正するようになる。

しかし、最初に綺麗な組手をしよう。

器用な組手をしよう。

見栄えをよく組手をしよう。

ということではやはり相手は退かないのです。

退かないと組手がつまらなくなるのです。

やはりきれいさや器用さを先にありきではやはり強くなれないのは明白ですね。

これは、きれいさや器用さが邪道と言っているのではないのです。

それが最優先では強くはなれないということです。

この『乾坤一擲』を読んだときに思ったのは、

エウェルトンテイシェイラ鈴木国博は強くなった過程が一緒だ、ということですね。

エヴェルトン
エウェルトンテイシェイラ


・ともにはじめは非常に組手が雑で汚い。

・しかし、めげずにパワーを中心に稽古を積んでいったから、相手が退くようになった。

・それに味をしめてさらに稽古に稽古を重ねて、ついには世界チャンピオンになった。


エウェルトンの自叙伝は残念ながらないのですね。

しかし、鈴木師範のはあります。

でも残念ながら廃刊になってしまったのでamazon等のネットショップや中古本のBOOKOFF等で探すことでしか手に入らないですね。

しかし、読んでほしいのは松井派の選手たちですね。

松井派の機関紙である『ワールド空手』を読むと、どうしてもテクニック的なことが最優先になってしまっているのですね。

昨今の空手の試合では、テクニックは当然大切ですが、そのテクニックもパワーがなくては活かすことはできないのです。

王道はやはりパワーを最優先でつけることで強くなれるわけですから、その強くなる概念のチェンジをすることが大事ですね。

その良き見本を鈴木国博師範が体現してくれているのですから、派は違えど謙虚に学んでほしいと思います。

『乾坤一擲』に興味を持ったかたは以下よりどうぞ!
  ↓



乾坤一擲


今回はこれにて終了します。

ありがとうございました。


おススメメルマガの紹介です!
    ↓

『フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』


空メール登録は
こちら








入来建武とアーネストホースト

こんにちは。

今回も、新極真会入来建武選手について書いていきたいと思います。

irikikenbu.jpg
     入来建武

昨年世界大会において、20歳という若年ながら、また初出場ながら決勝進出という快挙を成し遂げました。

これはやはり、見事というほかなかったですね。

入来選手の組み手を見ていると、勝てるスタイルが確立されているな、ということを感じざるを得ないです。

彼は、下段蹴りと突きというオーソドックスな組手スタイルながら、準決勝まで誰も彼を攻略することができなかったのですから、技全部威力が非常に強く、そして撃たれ強く、防御のレベルが非常に高いということが言えると思います。

下段と突き、こういったスタイルでは、技が読めて、間合いに入りやすくなり、技が多く入り、それがダメージにつながりやすいのですが、入来選手についてはそうではなく、やはり撃たれ強いということのほかに、防御能力が高い、ということが言えると思います。

上段の技を事前に察知して躱す、前蹴りや直突きなどの直線的な攻撃時折前足を後ろ足にスイッチして躱すなどの技術は、とても20の初出場の選手とは思えなかったです。

勝てるスタイルが確立されているのですね。

そういった意味では、私にはK-1アーネストホースト(オランダ)とダブって見えました。

houst.jpg

アーネストホースト
  

アーネストホースト選手は、K-14回優勝していますが、彼もスタイルが確立されていた人でした。

相手がジャブを出してくるところを躱して右ローキックを出す。

あるいは、接近戦のもみ合いの中で右ローキックを出す。

その右ローキックを1ラウンドの中で、20発以上も出すのです。

アーネストホーストのローキック
  ↓
hoost.jpg


そうなると、次のラウンドでは相手の足がもたず、動けなくなってしまうのです。

その時に、いろんなコンビネーションで相手を仕留めにかかるのです。

それでKO勝ち、あるいは判定勝ちという結果になるのです。

これが、アーネストホーストの勝つセオリーなのです。

ただ漫然と試合に臨むのではないのです。

入来選手にしてもアーネストホースト選手にしても勝てるセオリーが確立されているのです。

しかし、こういった勝つセオリーを確立するためには、下段のみならず技全部が強くないといけません。

また、撃たれ強くないといけません。

防御技術のレベルが高くないといけません。

それは、空手をかじったことのある人ならばわかりますね?

では、どのようにして確立するか?

それはスパーリングをたくさんこなして見極めていくほかありません。

どのようにしていけばうまくいくかは、千差万別なのです。

入来選手身長180センチアーネストホースト選手190センチと高身長です。

であるからこそ下段を主力にしていく戦いのスタイルで勝ち上がることが可能でした。

しかし、高身長でない人が下段だけを主力武器にしようともできませんね?

やはりそうでない人は上段の技のレパートリーを多く持っていないと。

そういった意味で、高身長でない人は、高身長の人の何倍も稽古をこなしていかないといけないようです。

それは体重無差別の空手のトーナメント戦を勝ち上がるには仕方のないことなのです。

そこは割り切って行動していかないといけないようです。

新極真会の代表である緑健児は、後輩の八巻建志(187センチ)を見て、「コイツと渡り合うのに、自主トレせずには帰れなかった。」といいます。

この緑代表の言葉を心に留めて稽古に励んでほしいと思います。

けんじ
緑健児代表

ここまで読んでいただきありがとうございます。

●発行から6年たっていますが、いまだに売れています。

よかったらどうぞ!

http://karate-rush.info/index.html


今回はこれにて失礼いたします。

おススメメルマガの紹介です!
    ↓

『フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』


空メール登録は
こちら

入来建武に学ぶ試合で勝つための練習法

今回も、昨年の新極真会世界大会について書いていきます。

話題は、準優勝した入来建武です。

入来建武
  ↓
irikikenbu.jpg


私は、この人はその前年の全日本大会準優勝してのこの大会参戦でした。

しかし、20歳とは思えない老獪な試合運びに、気負いの一切ない雰囲気が漂っていました。

準々決勝や準決勝の試合を見ても、気負いが一切感じれないからびっくりです。

表情がまるでベテラン選手のようでしたからね。

この時の試合を見ると、相手が攻撃しているときも、自分が攻撃しているときも、気持ち的にも距離的にも自分の間合いを保っているのがわかります。

それがなぜ可能か?

答えは、充分に基本稽古、移動稽古を重ねてきたからです。

そういったことを重ねてきたかどうかは、試合を見ればすぐにわかります。

入来選手城南支部ですが、城南支部は古来から、基本や移動をみっちりとこなさせるのがモットーで、1コマの稽古の9割以上が基本と移動と型の稽古になります。

現代の、試合がたくさんおこなわれている時代において、「それでは流れに遅れるんじゃないか?」という素朴な疑問がおきそうですが、それでもそのスタンスを変えないのです、城南支部は。

試合テクニックが先か?基本が先か?

城南支部は後者のようですね。

その方針で、城南支部は、緑健児、八巻建志、岩崎達也、川原奈穂樹、数見肇、塚本徳臣といった強豪を生み出すのに成功したのです。

そして入来建武もですね。

基本、移動、型の稽古がほとんどで、試合テクニックなどほとんど教えずに、試合に出させ、それで上位に入賞できた人間だけに、ミット、受け返し、打ち込み、スタミナ、スパーリングといった試合用の稽古を受けさせるというのが、城南支部の方針のようです。

こう書くと、誰もが

「それでは重量級の選手しか勝ち上がれない。」

「資質のある人間しか勝ち上がれない。」

「強い人間がますます強くなり、弱いものはますます勝ち上がれない。」

といった批判が出そうですが、その通りですね(苦笑)。

それは何も私だけの意見ではなく、他の格闘家にも話しましたが、誰もが同じことを言ってました(笑)。

まあ、そんな厳しい支部の中で、入来選手は勝ち上がり、成長してきたのですから見事あっぱれというほかないですね。

今回の入来選手の戦いぶりを見ますと、そういった基本、移動、型の稽古をおろそかにしない修練の積み重ねが垣間見れたと思います。


やはり攻撃している時も、攻撃した後にも体勢がぶれない

相手の攻撃を受けても動じない

攻撃を的確に相手に当てれている

攻撃が重い


こういった特徴が垣間見ることができました。

入来建武の下段蹴り

irikigedan.jpg


基本の積み重ねのみならず、天分にも恵まれたと思われたのは、上段蹴りや前蹴りなどのような、もらったら致命傷になりかねない相手の攻撃を事前に察知して躱す、的確に受ける,体捌きで躱すというセンスの良さも見逃せませんでした。

この大会で、試金石が試されたのは、準決勝でしょう。

この大会の5回戦で、外国人最右翼のヴァレリー選手を破った前田勝汰選手との対戦でしたが、そのヴァレリー選手のダメージを致命的にしたのは、前田選手の左の直突きでしょう。

それを受けても動じることなく、入来選手は自分から得意の下段蹴りを自分が先に放つか、相手の攻撃に合わせて放ち、自分の攻撃が意識的にも傍から見ても優位に立っていました。

相手が身長でまさる人間には、突破口を見出すためには、相手が受けづらい上段がないといけません。

しかし、入来選手は受けがうまいですし、察知する能力が高いですから、前田選手は上段を放っても突破口が見当たりません。

それで前田選手は得意の左突きから入ってきますが、入来選手はそれを受けながらカウンターで下段を合わすか、あるいはもらいながら下段をあわせていきますから、どうしようもないです。

こういったことが可能なのは、入来選手が、撃たれ強い、自分の方が攻撃が強いという要素があったからこそ可能なのですね。

私が副審ならば、引き分けにしてもよさそうな試合でしたが、やはり印象点で入来選手が僅差で判定勝ちをしました。

このように非常に称賛に値する入来選手ですが、当然完ぺきではありません。

相手のいい攻撃を捌き損ねていたりする場面も多々ありましたし、やはり完ぺきではありません。

しかし、20歳とは思えない老獪な試合ぶりにはやはり瞠目すべきでしょう。

しかもスタミナもかなりある。

基本、移動、型の稽古をおざなりにして、試合向けのミット稽古スタミナ稽古ばかりをしていては、やはり勝てないのがわかります。

そういったものが不要である、ということを言っているのではありません。

そればかりに拘っていては勝てないということを言っているのです。

私は城南支部に出稽古に行ったことがあるということをここで書いたことがありますが、そこで基本、移動、型の稽古の重要性について認識できたのです。

そして、その重要性について、やはり極真松井派の選手たちは認識しなければいけません。


いにしえの鍛錬法を松井派の選手は怠っている

基本、移動、型の稽古をおざなりにしている


それがためにやはり勝てる試合を落としている、という気がするのは私だけでしょうか?

入来選手は相手がだれであろうと、どんな場面でも体勢がぶれません。

しかし、松井派の選手は、体勢がぶれたり、足が棒立ちになってしまっているので、昨年の世界大会でも的確に攻撃をのせることができないで終わってしまっているのです。

派が違えど、やはり入来選手のような、城南支部の稽古法を今一度謙虚に学んでみる必要があるのではないでしょうか?

今回は以上です。

温故知新の精神を持つことによって、やはり強くなれる、そう感じて以下の冊子を作りました。

気になった方はご覧ください。

発行から6年たっていますが、いまだに売れています。

http://karate-rush.info/index.html


ここまで読んでいただき感謝します。

失礼いたします。


●おススメメルマガの紹介です!
    ↓

『フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』


空メール登録は
こちら


空手における理想的な勝ちスタイルとは?

今回は、前年におこなわれた新極真会の世界大会について再び書こうと思います。

注目すべき日本人選手ですね。

それはやはり優勝した島本雄二選手ですね。

motosima.jpg
    島本雄二

●その準決勝について書きましょう。

相手は、リトアニアルーカスクビリウスです。

この人とは、この大会の2年前の『ワールドカップ』の重量級の準決勝で敗れているのですね。

その時は、ルーカスの胸元への突きを中心にしたパンチ連打になすすべもなく、島本選手は後退するしかありませんでした。

それで圧倒的な大差判定負け。

そしてルーカス選手は決勝で、あのヴァレリーディミトロフに敗れ、準優勝になりました。

valvs rucas
『ワールドカップ』決勝 ヴァレリー対ルーカス


それ以来の対戦、しかも同じ準決勝です。

しかし、この世界大会の4回戦で、ルーカス選手は、日本の山田一仁を上段蹴りと突きで、文字通りぶっ飛ばしてしまい、山田一仁は場外にすごい勢いで飛ばされていしまったので、大差の判定勝ち。

続く5回戦でも、125キロの巨漢の落合光星から胴回し回転蹴りで技ありをとって判定勝ちでした。

なんと、山田一仁落合光星ともに無差別級全日本大会優勝しているのです。

2人の全日本チャンピオンを倒しての準決勝進出。

落合光星に勝った時、「準決勝で島本と当たるけど大丈夫か?」とものすごい危機感を持ったものです。

かなりルーカス選手は鍛錬をこなしてきたんだな、ということがうかがわれました。

「新極真会はこれまで全部世界大会を日本人が制してきたけど、今度こそ無理じゃ…」

なんて思ったのですね、私は。

しかし、鍛錬を妥協なくこなしてきたのはルーカスだけでなく、島本選手も同じだったようですね。

前回ルーカス選手と対戦して敗れてしまったのは、突きでの威力不足と実感して、それを強化してきたのでしょう。

前半からエンジン全開で、ルーカス選手の胸元に突きを連打して、自分の組み手をさせません。

自分の前に勝ったセオリーを繰り返そうと、渾身の突きを返しますが、島本選手は引きません。

打たれ強さの強化もしてきたのでしょう。

突きの威力で相手が引いたところで、渾身の蹴りを放つと、ものすごい威力であることがわかりました。

体力的にも限界が近づいている準決勝でこんな威力のある技が出るとは…と驚愕の思いにならざるを得ないですね!

突きの威力では島本選手のほうが分があるようになってしまったので、ルーカス選手は効いてしまい、つかみの反則を2回してしまうのです。

これで減点1

これで島本選手の勝ちが決まりました。

減点1で技ありを取られたに等しいことになるルールです。

日本人選手が対外国人の対戦になって、外国人に減点1が告げられると、海外の応援席からブーイングがすさまじく起こりがちの今大会でしたが、この時はそういうことはなかったです。

やはりルーカスが効いていることが応援席からも分かったのでしょう。

身長で11センチ、体重で16キロまさる相手に堂々の判定勝ち。

これはもう瞠目せざるを得ないですね。

こういう相手なら、誰もがフットワークを使って、相手の技を躱して自分の技を入れる、ということをしがちですが、自分に相手が効く技、相手が警戒する上段がなくてはフットワークなどなんの意味もなさないのです。

irikitaismamoto.jpg

しかし、そういうことをせずに真っ向から打ち合い判定勝ち。

こういうことが理想ですね。

前にも書きましたが、やはりこの島本選手のように突きの技が強くないと、自分の間合いを保って自分の組み手をすることができないのですね。

空足ならぬ「空手」という所以ですね。

どうか、この商材を参考に、今一度基本や軸を立て直すことが大事と思いますね。

●興味ある人はどうぞ!

http://karate-rush.info/index.html


今回はこれにて失礼いたします。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

おススメメルマガの紹介です!
    ↓

『フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』


空メール登録は
こちら

| NEXT≫