FC2ブログ

極真空手のブログ

フルコンタクト空手で強くなりたい人のためのブログです!

途中敗退した選手への最高のアドバイス法とは?

皆さんこんにちは。

前回の続きとしまして、今年の新極真会の世界大会について話しましょう。

今回は、ベスト8に大方の日本人が入るだろうという予想をしていましたが、そうはならず予想外の苦戦を強いられた、という接戦でした。

まず2年連続で全日本大会でベスト4入りした前田勝汰が、今回準優勝することになるマシエ.マズールに5回戦で敗退。

katutasyou.jpg
  前田勝汰

そして昨年の全日本大会で準優勝した山本和也が、今回ベスト8入りするリトアニアのエヴェンタス.グダウスカスに延長を戦い判定負けで5回戦敗退。

また入来建武も今年38歳になるベテランのヴァレリー.ディミトロフ(ブルガリア)に敗退し5回戦敗退という結果になってしまいました。

irikikenbu.jpg
  入来建武

私としてはこの3人のベスト8入りは堅いと思っていたのですが、さすがは世界大会に出場するほどのレベルの選手ですから、そうやすやすとはいかなかったのですね。

前2者に関しては、やはり両者とも170センチ以下の身長で、相手が185センチ以上ということもあり、足技で翻弄されていた観は否めなかったですね。

足技を警戒しすぎると、自分の技が思うように出せなくなる。

そしていつしか試合のペースを相手に握られて印象悪るくなって敗退ということになってしまう。


そうならないためには、相手が警戒するような多彩な足技を持つことが重要ですね。

しかもレパートリーを多く。


そのことで相手が戸惑い自分の組手が出来なくなるということですね。

それに、足は手の数倍の力がありますから、いくら突きが強くとも、足わざで強く物がなくては万全の組手とは言えないのですね。

相手の組手になったところで、相手の足技の強烈なものをもらっては印象も悪ければ自分のダメージになってしまうのですね。

そういった多彩な足技のスペシャリストは、やはり新極真会の緑健児代表でしょう。

tukikenji.jpg
  緑健児

彼の現役最後の試合を見ると、やはり多彩な足技があり、相手を翻弄するのはもちろん、20キロ以上も重い相手を効かせるほどの威力がありました。

ただ客観的に外部だけを見ていれば、こういうことが言えますが、やはりその選手個人の内部事情も忘れてはならないですね。

やはり積戦を繰りひろげてきた選手たちだけに、やはり怪我は大いにあるでしょう。

それゆえに、大会当日不調になってしまったということも十二分に考えれることです。

また体調不良もあったかもしれません。


そういう怪我などの体調不良は選手たちは決して口にしません。

それを言い訳にしたくないですし、外部にいうことによって試合において心の甘えになるからですね。

ですから決して口に出しません。

そういったことも考慮に入れたうえで、選手たちを励まさないといけません。

そういう複眼的な考えが出来て初めて立派な伯楽といえるのではないでしょうか?

とくに入来建武選手は、そんな怪我があるとしか思えないですね。

irikigedan.jpg


昨年の全日本大会において1本負けしてしまったということもそうですし、今年の世界大会最終選抜の大会でも、彼の実力や実績をもってすれば優勝も硬いはずでしたが、なぜか3位に終わり世界大会に滑り込みセーフで出場。

やはり彼にも人には言えない内部事情があるような気がしてならないですね。

そういった留保をつけながら、指導をしていくのがよろしいでしょう。

彼らに対してのみならず、これを読んでいる人で自分が指導に当たっている道場生たちにも。

今回の世界大会を見てそんなことを考えてしまいました。

ご参考にしていただけたら光栄に存じます。

今回はこれにて終了いたします。

ありがとうございました。

※弊社おすすめのサプリが以下です!
  ↓


DNS ZMAスーパープレミアム


alsoGRP_0085



















・ホーム



・メルマガ登録
スポンサーサイト



テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/11/27(水) 23:20:04|
  2. 空手家に求める人間像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『みな、極真空手をせよ!そして極真の精神を広めよ!(笑)』

【PR】今日はスナック最大50%オフ!!

GOLDEN WEEK セール開催中
  ↓





こんにちは。

良き人間関係のためには、格闘技をして確固たる自信をつけることで人にやさしく接することができ、人を貶したりなじったりすることがバカバカしくなるからすごく有効だ、ということを話してきました。

しかし、サイコパスといわれる人たちは、自信をつけても、異常な精神を維持するからこの限りではない、ということも話しました。

そのことをしっかりと認識したうえで社会にでて頑張っていってもらいたいですね。

しっかりと理論武装していてほしいです。

さて、また格闘技による効用について話したいと思います。

誰しも、中学校時代に部活をしたことがあるでしょう。

その際、バレーボール部なり野球部なりに入ります。

kingofvellly.jpg


すると後輩は、テントの用意なり、場内の整備なりをさせられるでしょう。

しかし先輩は、そういった事は一切せずただ練習するだけ。

酷い先輩になると、威張り散らすのもいる。


そういった先輩を尊敬しろと言われてもできないのが常でした。

「これが先輩、後輩のあり方として適切なのだろうか?」といつも疑問に思ってました。

確かに、その先輩も低学年時代にそういった用意や整備をしていたといいたいのでしょうが…やはり納得できなかったですね。

自分らが練習用の準備をしている時に、先輩が来場する。

それでもいい気分はしなかったですね。

しかし、空手に入門してから、その思いが解消されたように思いますね。

掃除のときに先輩が率先して掃除する。

稽古が終わってからも、先輩が率先して自主トレをする。


そして先輩は決して後輩に向かって練習しろとは言わない。

必死になって汗をかき、サンドバッグに向かって強烈な攻撃を加えているのをまじかにみて、そんな姿にあこがれて自分もしなきゃ、という思いが自然と起こり、いつの間にか練習をしてしまう。

rensyu.jpg


そんな姿勢をみて、先輩は褒めてくれる。

そしてまた先輩にあこがれる。

この好循環がたまらなく好感でしたね。

逆に他流派の場合、先輩や師範といった人たちは、号令をかけるだけで体を動かさない、掃除もすべて後輩にさせる。

自主トレはほとんどしない、というような場合もあったと聞きます。

こういう団体の場合、やはり多くの人が辞めてしまうので強いことはないですね…残念ながら。

しかし極真空手の場合、大山総裁が立派な人物であったためか、自分が指導する時も自分が体を動かす。

sousaiooya.jpg
   大山総裁

掃除も自分からする。

自主トレも率先してやる、という人であったために、後続の人たちもそれを真似て、自分から体を動かすというのが常だったようです。

軍国主義の残滓冷めやらぬ戦後の時期において、やはり先輩は後輩に命令し自分はほとんど動かない、という風習に大山総裁は疑問に思いそれを矯正したのですね。

それが功を奏したがゆえに、大山総裁の精神が多くの人の心の琴線に触れたがために極真空手は世界で125か国以上にも広まったのでしょうね。

非常に喜ばしいことですね。

しかも、全日本大会ウェイト制の選手控室において、だれもが鞄を開けっぴろげにしているでしょう。

20110718155505.jpg

しかしそんな状態にしていても金目モノの貴重品や財布の盗難など全くないのですから驚きです。

しかし、大学の運動会やその他のイベントではそんなことしていては、金目モノの貴重品や財布の盗難がほぼ100%の割合で起こりますね。

大学のトレーニングのために着替え室には、「使用時には必ずカギを!盗難にあった場合は大学は責任を負いかねます」などという張り紙がしてあるのが常ですね。

しかし極真空手の場合には、そんな張り紙もないですし、「人のモノを盗んではいけません」などといった呼びかけも一切ないのに、盗難など一切ないのですからこれは驚異というほかありません。

健全な団体というほかありません。

自信が持てて、しかも人間としての健全な精神が自然と宿るのですから。

20110718155610.jpg


社会に出て自尊心は必須です。

それのみか健全な精神も。

その2つを得れるのですから、これはやらない方が損というほかありません。

それらがない人は空手をしましょう。

言いたいことは以上です。

ここまで付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

MyproteinBCAAです!
  ↓
マイプロテインBCAA



damdanGRL_029









・ホーム
・メルマガ登録

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/05/02(木) 20:51:41|
  2. 空手家に求める人間像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0