FC2ブログ

極真空手のブログ

フルコンタクト空手で強くなりたい人のためのブログです!

極真会館城南支部の強さの秘密は○○稽古にあり?

みなさん、こんにちは!

一昨日とその前の日にもやはり雨が降りまして、そのせいか今日はだいぶすごしやすくなりましたね。

灼熱の日が続くとそのせいで地上の水分が蒸発して上空に溜まり、雲になって雨が降り出すのですね。

このように原因があって結果ができるわけですから、暑い日が続いてもそのことに悲観せずに、良き結果を待ちましょう。

ことは空手も同様です。

今の試練の状況から、のちの結果を導きますから、今を充実させて頑張って行きましょう。

では今回は前回の続きで、極真会館城南支部の稽古方法について言及していきましょう。

94年の極真の全日本大会は、今のようにいろんな極真の名を冠した団体が林立している状況ではなく、大山総裁の遺言を受けた松井章圭氏が館長をつとめて、1つの団体としてまとまっていた時でした。

その時の全日本大会において、八巻建志数見肇をはじめ計4人城南支部の選手がベスト8に入賞しました。

そして次の年に世界大会がおこなわれることになっていましたが、松井章圭氏の運営方法に不満をもった支部長たちが会議を開き、協議会において賛成多数で松井氏館長解任が決議されました。

しかし、その決議に不満をもち、松井氏は降りることをせず、決議に賛成した支部長協議会派の人たちとは袂を分かつことになり、松井派協議会派はそれぞれ違う大会を開くことになってしまいました。

松井派の世界大会では、極真史上最強の外国人といわれたフランシスコ.フィリョを日本のセカンドエースである数見肇が準決勝で辛くも試し割り判定で降し、決勝八巻建志が勝ちとり日本の王座を守ることが出来ました。

kazumitaifrancisco.jpg
準決勝(数見肇 vs フランシスコ.フィリォ)


支部長協議会派はその翌年の初頭に世界大会が開かれ、ベスト8すべてに日本人が入賞する快挙を成し遂げました。

その時、優勝したのは城南支部の塚本徳臣でした。

ということは、この時の世界大会は両方とも城南支部が取ったということになります。

これだけの快挙を成し遂げれば、誰だって、城南支部の稽古方法はどんなのだろう?」と興味がわくはずです。

私も興味がてら出稽古にいってみました。

「これだけ強ければ、ショはなから試合向けのミット打ちシャドー、コンビネーション、スパーリングをガンガンやってるんだろう!」

と誰もが思うでしょうが、そんなことはありませんでした。

城南支部にいって道場のスケデュール表を見せてもらったところ、城南支部は、どの道場に行って稽古を受けてもいいが、どの道場でも合同稽古ばかりが日程に載っているのです。

そしてたまに「帯研」があるくらいで…。

そしてその合同稽古でしているのは、準備体操から基本稽古、移動稽古、型といにしえの稽古ばかりでした。

そしてスパーリングもおこなわれましたが、その時間はたったの5分くらいでした。

古株らしき黒帯の人に訊いてみたところ、「合同稽古」と呼ばれる稽古では、どこもこんな稽古ばかりなんだというではありませんか!

「帯研」という稽古では、基本稽古にアレンジを加えたもので、例えばその移動稽古では、回転しながら前屈立ちの移動をおこなったり、後屈立ちも回転しながらおこなったりと、ショはなからミット打ちやシャドーなどのキックボクシングのような稽古はどの「稽古」でもしないというから驚きました。

城南支部は支部長である廣重毅氏の意向で、とにかく基本をみっちりおこなってもらう、ということでした。

GRP_0600.jpg
  廣重毅


基本が体に身についていない人間強くはなれない、という堅い信念で稽古をつけさせていたのだから私には驚きました。

わかったでしょうか?

一番強くなるためには基本の稽古をみっちりとしなくてはいけないのです。

goudougeiko.jpg


ですから、こういった稽古が多くを占めている地方支部のかたたちは卑下しないで、今の稽古を誇りに思うことです!

では今回はこれくらいにしておきましょう。

続きは次回いたします。

●空手に頑張るあなたにおススメの情報商材がコチラです!(※値下げ中です)
  
http://karate-rush.info/index.html

では今回はこれにて終了します。


chithoc
















・ホーム

・メルマガ登録

スポンサーサイト



テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/04/23(木) 20:43:12|
  2. 勝つために必要な事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身体的にキツい状況から上段蹴りを出すためにすべきこととは?

みなさん、こんにちは。

さて、前回は、延長戦の精神的にも肉体的にも辛い状況のなかで、上段蹴りを出せるようになるためには、城西系の支部でおこなわれている「元立ち」の練習がいいという話しをしました。

今回は、その補足をしたいと思います。

この練習が、延長戦には効果的ではあるけれども、ではその元立ちだけでいいのか、というとそうではないのです。

元立ちの練習だけでは、相手の圧力に押されて有効な技を出すことは出来ないでしょう。


ではどうすればいいのか?





答えは、移動稽古です。

前屈立ちになって、一方の足を後ろに引いて腰を落とした状態にして、そこから後ろの足を前にもってきますが、その際、腰の高さは一切変えません。

上下させてはならないのです。

そして前に進みながら突き、あるいは蹴りを出す稽古、これを永遠と繰り返すことによって強靭な足や腰を培うのです。


idoutyuu.jpg


この移動稽古を怠ると、試合の時に相手の圧力に押されて有効な技を出すことが出来ないのです。

あのように試合とは違う前屈立ちという辛い状態で技を出す稽古をたくさんおこなうことによって試合で有効な技を出せるようになるのです。

ですから、試合で勝ちたかったらああいった古典的な稽古を怠ってはならないのです。

ここで重要なのは、移動稽古元立ちの両方をおこなわなくてはいけないということです。

試合のビデオを見ていて思うのは、地方の支部の人で、試合の時に、腰が上下してしまい、有効な技を出せていない人がいますが、それは、移動稽古を試合に活かす稽古が不足しているからそうなってしまうのです。

逆に、城西系や首都圏の選手で、相手にピンポイントで有効な技を繰り出せていない人がいますが、これは相手の圧力に押されている、明らかに移動稽古の不足からくるものです。

これらからわかる重要なことは、

「移動稽古と試合用の稽古の両方が必要である」

ということです!

試合のトーナメントで上位に勝ち上がっている選手の腰の据わり具合を見ていると、やはり上下せず、相手がかかってきても押されることなく自分の有効な技を出せている、というのがわかります。

緑健児
八巻建志
岩崎達也
数見肇
高久昌義
塚本徳臣
川原奈穂樹

こういった城南支部の選手たちの腰の据わりを見るとやはり安定しています。

どんな時でも泰然自若としています。

こういった姿はやはり見ているとカッコ良いものですよね!

yamakikGRP_0072.jpg
  八巻建志


1994年の極真会館の全日本大会において、城南の選手がベスト8中4人が入賞しました。

そのことによって一気に城南支部の稽古法に注目が集まりましたが、何も城南の稽古では、試合用のミットトレーニングやシャドートレーニングやスパーリングばかりしているというのではなしに、基本稽古や移動稽古を最重要にこなしているのです。

それが私には非常に意外でした。

次回はそれについて話していきたいと思います。

●空手に頑張るあなたにおススメの情報商材がコチラです!(※値下げ中です)
  
http://karate-rush.info/index.html

では今回はこれにて終了します。

ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

c48bc6c2

















メルマガ登録

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/04/22(水) 07:58:02|
  2. 勝つために必要な事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きつい状況で上段が出せるようになるには?

みなさん、こんにちは。

だんだん暑くなっていく気がする、こういう季節こそ、気張っていきましょう。

前回は、極真会館(松井派)では、延長2回といったきつい場面もで上段蹴りを果然と出せる外国人選手はたくさんいて、逆に日本人で出せる人が少ないがために日本人が勝てなくなった、ということを言及しました。

oshipovkeri.jpg


では、延長の身体的に精神的にキツイ状態の時に、どうしたら出せるようになるか、を話していきたいと思います。

「キツい状態の時にも上段を出そう!」

こう思うだけではダメです(笑)。

私が小学生の時に、漢字のテストがあり、そのテストは5段階がありまして、1次、2時、…5時と段階があって、それ全部に合格したら先生が賞品をくれる、という趣旨でした。

私は、その3次まで合格しました。

その時に、何人もの友達から「頑張れよ!」と励まされました。

そこで私は、「頑張るぞ!」と意気込みました。

しかし、意気込むのはいいものの、漢字の勉強は一切しませんでした(笑)。

その4次試験が始まった時に、「頑張って合格するぞ!」と意気込んで臨むものの、わからない漢字ばかりに遭遇してしまい、見事不合格になってしまい、その賞品をゲットすることはできませんでした。

この時、「合格するには勉強しなきゃダメだな!」ということが体感出来た瞬間でした。

ただ意気込むだけではダメなのがわかりました(笑)!

superring.jpg


ことは空手でも同様です。

延長戦で上段出すぞ!と意気込むだけでは出せるようにはなりません。

延長戦で上段が出るのが体の癖にならなくては!

そのための具体的な練習法として、極真会館松井派城西系の某支部でおこなわれている「元立ち」というスパーリング方法を公開します。

この「元立ち」というのは、スパーリング時に1人に対して前に6人の相手が立ちます。

その1人に対して30秒ごとに交代して6人が掛り手になるわけです。

これは、1人が、30秒ごとに元気のいいピンピンした相手とスパーリングをするわけですから、いやがおうにも気が張ります。

気を抜くことが一切許されません、というか自己防衛本能が自然と働き、気が張らざるを得なくなります!

suupera.jpg


これは普通のスパーリングとは違います。

普通のスパーリングでは、相手が息が上がっているなと思ったら、ちょっと自分も気が抜けますが、30秒ごとにピンピンとした相手が来るのですから。

こういった苦しい状態の中で、「上段を出すぞ!」ということを心に留めてイザ出せるようになれば、もうしめたものでしょう。

こうやってわざと苦しい状態に身を置く鍛練をおこなうことは試合に勝っていくためには大変に重要だと思います!

それを是非とも体感していただきたいと思います。

uedamn.jpg


この「元立ち」は試合前の城西系の選手は、1回の選手用の稽古(120分)内で3回ほどおこなうようです。

「これは良い!」と思い、城南支部の稽古でもとり上げられたようです。

城南支部のみならず、試合に勝ちたいと思っていらっしゃるかたは、是非ともこの「元立ち」を稽古の中で取り入れることをおススメします。

極真空手某派の某地方支部の壮年部のトーナメントで優勝したことのある以下の情報商材を買ってくださった一瀬さんにインタビューしたところ、「首都圏の選手は勝負強いから、首都圏の選手に勝つために、あの商材を買いました。」とおっしゃっていました。

そこで私は、「では是非とも「元立ち」を取り入れましょう!」とアドバイスしました。

結果が楽しみです。

今回のブログは以上です。

●空手に頑張るあなたにおススメの情報商材がコチラです!(※値下げ中です)
  
http://karate-rush.info/index.html

では今回はこれにて終了します。

ここまでのご精読ありがとうございました。

GonnabiRP_0147.jpg



















・ホーム

・メルマガ登録



テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/04/21(火) 18:08:51|
  2. 勝つために必要な事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不器用でも勝てる?-マシエ.マズールに学ぶ成り上がり方

2019年は非常に日本にとってよかった年でした。

新極真会、極真会館(松井派)ともに世界大会で日本人が優勝できたのですから。

話を新極真会に転換しますと、昨年から2年前に行われた世界ウェイト制において、日本人が7階級優勝したことで、今回の世界大会においても、日本人が優勝するのは目に見えていると思った人もかなりいたのではないかと思いましたが、実際はかなり危険で、海外のダークホース的な選手が多数入賞、あるいは台頭を表す結果になりました。

中でも驚きだったのは、マシエ.マズール選手(ポーランド)でしょう。

masiress.jpg
        マシエ.マズール

彼は3年前の全日本大会に出場してベスト8入りで終わり、その際も下段を効かされての敗退でしたから、体力の基本がなってないんじゃ…と思いましたが、その敗退にめげることなく修練を重ね、それでヨーロッパ大会重量級3連覇をはたし、それで世界大会では準優勝を果たすのですからまさに天晴ですね。

その精神的な楽観主義には目を見張るばかりです。

「ヨーロッパ大会で優勝したのにこんなところで負けて…」と悔やむことなく、練習を重ね、これまで連続して全日本大会でベスト4入りした前田勝汰選手や、ヨーロッパ大会で20回近く優勝してきて、自分もまけたことのあるヴァレリー.ディミトロフ選手に打ち勝っての準優勝ですから、その快心ぶりにはあっけにとられるほどでした。

katutasyou.jpg
    前田勝汰

しかし、思ったのは彼は器用さが非常に希薄なんですね。

構えをみればわかりますが、そんなにカッコよくないですね正直(苦笑)

それに組手中に、踏ん張る場面が多々あるために、相手の技を受けてしまう場面がちょくちょくありました。

それで腰も切れずに技を出してしまっている。

しかしそれでも、彼の場合は技の1発1発が重いし、それでいてスタミナもかなりある。

それでいて打たれ強いわけです。


ゆえにあのように勝ち上がることが可能であったのです。

eventas-loos.jpg


構えがカッコ悪くてもいい、組手が不器用でもいい、技に反応し損ねていてもいいんです。

試合にそれで勝てていれば結果オーライなのですから。


マシエのような組手をしていると、テクニックが最重要という通念が流布されてしまっている松井派では評価されないで終わる危険性が大です(笑)

それでまず、その構えから直され、器用な組手をするようにアドバイスが入る。

それで自分の持ち味(強烈な技、スタミナ、打たれ強さ)を生かすことができないまま台頭できずに終わる、というパターンも想定されます。

非常に危険ですね。

そこを松井派の人間は認識すべきでしょうね。

始めは不器用で雑な組手をしていても、それでも持ち味の強烈な技やスタミナをさらに強化させていった結果、器用さも持ち合わせて、しまいには盤石な強さを得れるようになった例として、七戸康博、鈴木国博、エウェルトン.テイシェイラといった選手たちを引き合いに出してきました。

鈴木
     鈴木国博


不器用でもいいんです。

汚い組手でもいいんです。

そんなのいずれ直せるんですから。


それよりも、攻撃力のあることをほめて、更に攻撃力アップ、スタミナアップ、テクニックアップの方法を施していけば、いずれマシエのような盤石の選手をつくることができるのです。

それを認識せずきれいな組手をまず最初にありきでは、そんな綺麗な組手をすることができる人は少ないですから、自分はダメなんだと誤った認識を生徒がもってしまいいずれやめてしまうということも考えれます。

そう終わらないためにも指導する立場の人は心していきましょう。

彼の活躍を俯瞰してそんなことを考えてしまいました。

今回はこれにて終了いたします。

●弊社発行の空手用冊子は以下です。

興味ある方はどうぞ。
    ↓
http://karate-rush.info/index.html

では失礼いたします。

ankenga

・ホーム



・メルマガ登録

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/01/05(日) 11:58:34|
  2. 勝つために必要な事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『シンプルがベスト=王道?』

【PR】割引が増える?

サイト内30%オフ
  ↓




こんにちは。

これまで、攻撃力のアップを最大限に高めながら稽古に臨むことが最大の王道であり、モチベーションの最大のあげ方である、ということをこれまで指摘してきました。

しかし、極真会館(松井派)ではその王道の仕方がなされていないがゆえに外国人とくにロシア人にずるずると後退させられて負ける、というパターンが散見される、ということは多くの人が気付いていることでしょう。

それとは反対に、新極真会ではその王道の仕方が流布されているがゆえに、日本人が常に世界大会をリードしてきている、ということを指摘してきました。

シンプルに考える…それがベストだと思うのですね。

組手の方法論を先にありきで、間合いがどうたら、距離がどうたら、放った後にどの技がいい、もらいながら攻撃を出すのがいいか、躱してからだすのがいいか、こういう時はどういう技がいいか、こういった事を講義ばかりしていると、難しい印象を与えますし、テクが最大のポイントと、受け手は勘違いしてしまいますから、それは王道ではないのです。

邪道なのです。

難しい印象を与えて、多くの人がすぐに辞めてしまう。

よしんば強くなれた人もこういった各論ばかりに目が行って更に強くなることができない…これは邪道でしょう?

シンプルに考えて前進することが最大限重要なことでしょう。

20110718155313.jpg


シンプルに考えることができるがゆえに、ロシア人は途中敗退した人でも、訓練を続けて次の大会では上位に入賞する、というパターンが散見されるでしょう?

それに、まるでノーマークだった選手でさえもいきなり上位に入賞したりする、ということも散見されますね?


負けても這い上がるロシア人の根性と新極真会の日本人選手には共通するものが見えますね。

入来建武前田勝汰の精神にはとくに。

irikikenbu.jpg
  入来建武

シンプルにこうすれば勝てるとわかれば、それを最大限に意識をフォーカスして稽古やトレーニングに打ち込むことができ、その結果ノーマークだった選手がいきなり上位に入ってきたりする。

そのことで、周りの人間に勇気を与え、全体的にいい意味での楽観視の気風が生まれ、全体的なレベルアップにつながる。

入来選手は、昨年の全日本大会で怪我ゆえに一本負けしてしまいました。

そして前田勝汰選手も、ダークホースに足元をすくわれ、ベスト4入りならず。

捲土重来を喫して、今年のJFKO全日本フルコンタクト選手権大会入来選手3位と振るわなかったですが、復活を遂げたといえるでしょう。

そして前田選手は、軽重量級で見事優勝をするのです。

katutasyou.jpg
   前田勝汰

そんな中、ノーマークだった選手も、10人近く入賞を果たし、世界大会の切符を手に入れました。

ノーマークだった人と、優勝候補の人が両方入賞する、これがまさに理想なのですね。

優勝候補だった人は、ベテランであるだけに入賞することで、その経験値がある人が世界大会に出場することで安心感を周りに与えますし、ノーマークだった人が入賞することで、周りに勇気を与え、更に全体的なベースアップをはかることができるからですね。

常に無差別級の全日本大会で上位を独占してきた島本雄二、入来建武、前田勝汰の3人が今回の世界大会を牽引していくことになるでしょう。

yujisima.jpg
   島本雄二

その盤石性を今回の大会で見た気がしました。

今回の世界大会も日本人が優勝できるのではないか、という期待を抱いていますね。

しかし、松井派のロシア勢の勢いはすさまじいものがありますね。

前回の世界大会において、3日目に勝ち残ったベスト32人中ロシア人は18人が残り、ベスト8には4人が入りました。

こんな勢いのある国は知りません。

島本雄二、入来建武、前田勝汰の3人がベスト4入りし、その後松井派の世界大会が開かれましたが、日本人選手優勝できずにベスト82人が入っただけでした。

これをみて、島本雄二、入来建武、前田勝汰の3人が松井派の世界大会に出場すれば、と思ったのですが、実際はどうなのでしょう。

わからないですし、島本入来も負けるかもしれない…そんな危惧を抱いてしまうほどのロシア勢の勢いはすさまじかったですし、それが今も収まらないですね。

kotyunev.jpg


でもそれはわきに置いておきまして、うまく事が運ばなかったとしても、シンプルに考えて稽古やトレーニングに打ち込む。

それで見事復活を遂げる…これは松井派ロシア人ファイターや、新極真会日本人選手のに共通するメンタルですね。

逆に、大事なことを強調せずに、いろいろ組手の方法論を詳説して難しい印象を与えて選手たち全体の上昇気流を阻害して少数の人しか強くなれない…これが松井派日本人選手のメンタルですね。

そのことを充分認識しながら、前に進むことが大事ではないでしょうか?

●そのことに頷けた人には紐解いてもらいたいのが以下の冊子になります。

王道の情報を得てくださいませ。

http://karate-rush.info/index.html


では今回はこれにて終了いたします。

ありがとうございました。

iioppaGRP_0690


再度、空手家にうってつけのサプリサイトを紹介します!
  ↓



Myproteinの製品は以下のサイトでも扱ってます!
  ↓

















・ホーム
・メルマガ登録

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/06/23(日) 19:28:23|
  2. 勝つために必要な事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ