FC2ブログ

極真空手のブログ

フルコンタクト空手で強くなりたい人のためのブログです!

極真世界大会の行方を占い、王道の訓練法をみる!

さて、今年も極真空手の世界大会が開催されます。

毎年、世界大会は新極真会極真会館(松井派)も東京体育館で開催されていましたが、来年のオリンピックに向けて大型な増改築をおこなっているがゆえに、ここでの開催は無理になってしまったようですね。

両派とも、武蔵野の森スポーツプラザで行われるようです。

新極真会は9~10日に、極真会館(松井派)は22~24日に行われるようです。

これまで、新極真会は2日間の開催で、極真会館(松井派)は3日間の開催でした。

しかし、今年、前者は男子の出場選手が161人、後者は166人となりました。

kurosaw.png


新極真会の場合は、やはり加入国が増えてしかも入門者も同時に増えているがゆえに、世界大会にエントリーする人も毎回増えていますね。

しかし、アウト(=脱落者、脱退者)が多いがゆえに、毎回エントリーしていく人が減っているのでしょうか?

そこの事情はよく分からないですが、こんなに出場者が拮抗しているのなら、後者も2日間での開催にしたほうが良いと思われてならないですね(笑)。

両派とも、日本人が優勝できるかが焦点になっていますが、前者は、2年前に行われた世界ウェイト制大会において、7階級で日本人が優勝できたことですし、それに全日本大会に海外の最有力候補の選手がエントリーしたもののベスト8入りで終わってしまいました。

しかし、このことだけでは予断を許さないでしょう。

これまで、新極真会の世界大会において外国人選手2たび決勝に進出しましたからね。

これを心赴くまでじっくりと見守っていきたいと思います。

しかし後者の場合は、かなり危険要素があることは間違いないですね。

mattuini.jpg


3回連続して外国人の世界大会優勝者が出ているということもさることながら、昨年の全日本大会において、日本人選手が4人しかベスト8入りしなかったということも同様に、今年の全日本ウェイト制大会においても重量級ではベスト4が全員外国人選手だという。

それでも、こういった危機的な状況の中で、起死回生の日本人の活躍で王座奪取できたという歴史もあることですので、この大会においても日本人の活躍を期待していきたいと思います。

しかし、また新たなる脅威が生まれました。

今年のオールアメリカン大会において、フランス人選手であるアントニオ.セトゥが優勝しました。

aa02.jpg
(左がアントニオ)


彼は2度目の優勝になります。

しかし、これだけの昨今のロシアン旋風の吹き荒れる中で、無警戒であった国であるフランスからまた未知の可能性にあふれた選手が出現したのは驚きでもあり、また興味深いことでもありますね。

こんな感慨を抱いたのは、4年前世界大会でも同様でした。

まったくノーマークであったフランス人選手であったジマ.ベルコジャがあれよこれよという間に、ロシア人日本人選手を打ち破り決勝に上がり、見事準優勝になったのですから興味深くなりました。

どうしてこんなことが可能になったのか、という思いにならざるを得なかったのですね。

彼の故国フランスでの練習風景がテレビで流されていましたが、やはり王道の練習方法をしていたのがわかりました。

「ハイパワー寄りのミドルパワー」の養成をしていたのですね。

空手は、一発一発の攻撃力を高めるのと同時に、3分2分2分の中で継続して攻撃力をつける訓練をしなくてはならない、ということですね。

そのためには、攻撃を繰り出す方向とは反対のほうから抗すように攻撃を出す訓練をする必要があるということですね。

これではわかりにくいでしょうが、要するにダンベルをもってシャドーをおこなう。

アンクルウェイトを脚につけてシャドーをおこなう。

そしてジマのようにチューブを壁に固定しながら、それを正反対の方向へ引っ張りながらサンドバッグトレーニングをする、ということですね。


このトレーニングをすることで、空手に必要な筋肉を養成し、スタミナもつけることができるということですね。

jimma_0004.jpg
ジマ.ベルコジャ(フランス)

以下、そのパワーの育成例をご覧ください。

世界大会で活躍してきた人たちの例です。

http://karatemen.grupo.jp/free2566937

空手は、テクニックなんだ、コンビネーションなんだ、という誤った認識でいると、こういうトレーニングをすることの重要性を認識することはできませんし、ましてや強さを身に着けることもできないまま終わってしまいます。

ある強豪が某国、あるいは某支部に現れたとする。

そして自分もその人と同じように強くなりたいと思い、その国なり支部に移籍する。

そして、その支部で行われていることは自分の支部でされていたこととは違うことを発見する。

この稽古が王道なんだと思い、そこの道場稽古にだけいそしむ、というのでは強くはなれません。

その強豪にしていたメニュー、そしてその重要性、その賭ける時間、その精神の内容までも理解して取り組まないことには万全の強さを得ることはかないません。

やはり、アントニオは、ジマのトレーニング内容までもきっちり把握して日々稽古に、トレーニングに励んだのでしょう。

ゆえに、ロシアはじめ世界の強豪が出場したオールアメリカンで優勝したのでしょう。

決勝で当たったアショット.ザリアン(ロシア)は前回の世界大会でベスト8入りした選手で、その選手を破ったのですから天晴でしょう。

ashotzary.jpg
左がアショット.ザリアン


オールアメリカンは、これまでの世界大会で優勝したエウェルトン.テイシェイラ(ブラジル)やザハリ.ダミヤノフ(ブルガリア)が優勝し、それをステップにして世界大会でも優勝した、要するに登竜門的なニュアンスを持つ大会でもあります。

それに優勝したのですから今大会で、アントニオ.セトゥの活躍は大いに注目すべきでしょう。

今回はこれにて終了いたします。

●今回のブログで、ポンと手を打って頷けた人にはうってつけの冊子がこちらです。

発売から9年たっていますがいまだ売れています。

興味ある方はどうぞ!

http://karate-rush.info/index.html

ではこれにて失礼いたします。

ありがとうございました。

odorico.jpg





















・ホーム



・メルマガ登録


スポンサーサイト



テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/10/30(水) 19:26:58|
  2. 極真空手全般事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『極真会館(松井派)のロシア人を倒してこそ世界最強の空手家?』

【PR】本日最終日。

サイト内30%オフ。
  ↓




空手家が摂るべきサプリを1日の時間表で表しましたのでご参考にしながらどうぞ!
 ↓

http://karatemen.grupo.jp/free2502091



極真
が分裂してから、今年で24年になります。

大山総裁がなくなってから最初の世界大会が催される前の事でしたから、格闘技雑誌においては、「分裂して大会を開催してしまったら真の世界大会ではない。

世界大会で優勝しても、その人は真の世界チャンピオンではない」


という旨のことが書かれていたのを思い出します。

その当時は大きく2つに分かれてしまいましたが、今は分裂を繰り返し、極真と名乗る団体は10以上もあり、正確に把握するのは難しいくらいです。

しかし、それぞれの団体が自分たちだけのルールや団体の指針を決めていますから、外から見たら、本当に同じ極真空手なの?といぶかしげに思われても仕方ないでしょう。

まるで異教徒のようですね。

cathoricdecha.jpg    proc.jpg


それぞれの会員たちは、その団体のすることには大抵無批判でいますから、そのままルールや指針に変更が加えられるわけではないまま旧態依然としてしまう。

分裂から間もない年月の際には、互いを批判することが書かれていました。

1999年松井派の世界大会でフランシスコ.フィリォが極真史上最初の外国人優勝者になったことで、新極真会の前身である極真会館(三瓶啓二代表)から、フィリォを含めた選手たちと我々の選手たちの総当たり戦をすべきだ、という声明が出されたものです。

ブラジル
フランシスコ.フィリォ

松井氏はそれを退けたようですが…。

しかし、その後松井派の世界大会において、外国人の優勝者が出ても、そういった声明が出されることはなくなり、しかも相手を互いに批判することもまったくなくなったようですね。

同じ極真でも、自分たちとは違う、関係のない団体なんだ、という心境になってしまっているようですね。

しかし、その派閥を超えて俯瞰して、自分がいいと思う内容を吟味して、その団体に決める、という猛者はいないのかな、と思わざるを得ないですね。

私はかねてから、極真会館(松井派)のルール(転倒した相手に残心をとれば技あり、上段に上段に足が当たった後に残心をとれば技ありになる)に疑問を持っていましたし、松井氏の価値観が出すぎて、綺麗な組手ばかりをさせようとする指導の姿勢に疑問を持っていました。

shoukeymn.jpg
  松井章圭

これでは、盤石な強さを得ることはできない、ということですね。

しかし、新極真会においては、一撃必殺を標榜する組み手を体現する日本人選手たちが、多数を占めているし、その姿勢こそが、空手においてモチベーションをあげる最高の方法であるという経験があるので、どうしてもこの団体をひいき目で見てしまうのですね。

しかし、毎回極真会館(松井派)のロシア人選手たちの活躍には瞠目せざるを得ないのですね。

tarialevsevertone.jpg
タリエル.二コラシビリ(ロシア)

世界大会では2回連続してロシア人がベスト8に4人入り、その前は2人、そのまた前は3人と凄い記録を持っていますね。

ですからして、ロシア人たちが物足りなさを感じて、あるいは改訂ルールに疑問を感じて松井派を脱退して、新極真会の世界大会に出たらなあと思わざるを得ないのですね私は。

いろんな国の外国人の台頭は目覚ましく、とくにロシア人の活躍は瞠目すべきで、3日目のベスト32人中18人がロシア人で、2大会連続してベスト8に4人の入賞者をだしているのですから驚きです。

ですから、松井派のロシア人が新極真会の世界大会に出場してはどうかな、と思わざるを得ないのですね。

kotyunev.jpg
キリル.コチュネフ(ロシア)

分裂当初、雑誌で書かれていた、「分裂して大会を開催してしまったら真の世界大会ではない。

世界大会で優勝しても、その人は真の世界チャンピオンではない」


という文言を思い出します。

いにしえの極真の猛者たちの組手を体現している新極真会島本、入来、前田、加藤といった強豪たちと相まみえたらどうなるか興味深々なのですね。

nigoGRP_0039.jpg
   島本雄二

maedakensaku.jpg
   前田勝汰

それこそ、極真松井派ロシア人たちの強さは半端ではない。

その強豪たちを倒してこそ、本物の世界チャンピオンだろうと思うのですが、あまりに分裂からの年月が長すぎて、そういうものの考えをする人が少なくなってしまっているのが残念ですね。

まあ、そんなこと言ってもそれは実現不可能事に近いことですが…。

書きたいことは以上です。

お付き合いいただき感謝申し上げます。

toudaiGRP_0029

再度、空手家におすすめのサプリサイトを紹介します。

恒常的にサプリを摂らないといけない空手家には、廉価で栄養価の高いサプリが必須です。

そんなサプリを取り揃え中!
  ↓



Myproteinの製品は以下のサイトでも扱ってます!
  ↓








・ホーム
・メルマガ登録

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/06/24(月) 21:03:19|
  2. 極真空手全般事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『極真会館(松井派)と新極真会との歩み寄りは可能か?いやしてほしくないです。』

【PR】割引が増える?

サイト内30%オフ。
  ↓




空手家が摂るべきサプリを1日の時間表で表しましたのでご参考にしながらどうぞ!
 ↓

http://karatemen.grupo.jp/free2502091


私はこれまでいろんな意味で、極真会館(松井派)に対して否定的でした。

松井章圭氏の人間性であったり、その会員たちに対するお金の徴収に仕方であったり、試合でのルール改訂であったりと、とてもこの組織で稽古などしていきたいと思われるものではないのですね。

世界大会で日本人優勝を切望していたのはほかならぬ大山総裁でした。

館
   大山総裁

日本人が模範となって世界を牽引していかなくてはならない。

だから日本人が優勝しなくてはならない、ということですね。

それには賛否の両方がありまして、特に外国の師範には否定的な人がいるようです。

その検証は置いておきまして、その日本人優勝の目的が、松井派では3たび達成されていないのですね。

それゆえになのか、また別の理由からか、松井氏は、新極真会との歩み寄りをしたい、ということを某格闘技の会見においてしているのを読んだことがあります。

shoukeymn.jpg
   松井章圭

まあ、そんなことは不可能だし、そんなことはしてほしくないのが私の思いですね。

これまで、松井氏は盧山初雄、水口敏夫、中村誠といった極真にいなくてはならない存在の人物を自分の一存だけで除名にしてきましたし、その除名にされた師範と絆の深い師範たちがその師範についていって脱退しても何の引き留めもしなかったのですから、参るばかりでした。

こんな人望のない人が、人望のある組織と歩み寄りなどしてほしくないというのが私の思いですね。

盧山初雄師範は、大山総裁の遺言通り、松井を依り代に…」の言葉を実行するべく、95年の分裂騒動の際に、自身が世界大会を控えたときに山籠もりをして修行した時に、一緒に付き添った西田幸夫氏が反松井派についていったにもかかわらず、松井派に残ったのです。

nisidayukiwo9.jpg
   西田幸夫

そして松井氏を盛り立てたのです。

親族よりも濃い絆の後輩と別れを告げながらも盛り立ててくれた師範を、自分の一存だけで、しかも意見が合わないというくだらない理由で除名にしたのです。

また、中村誠師範は、それまで三瓶啓二という本部時代のライバルであり、一緒に切磋琢磨して優勝準優勝を分かち合ってきた大親友であったのです。

2人で雑誌のインタビューでも語り合った事もありました。

sannseiP_0000.jpg
 中村誠と三瓶啓二

その三瓶氏も、95年の分裂の際に、反松井派になりました。

そんな大親友とも別れを告げて松井派を盛り立ててきた師範も、これまた自分の一存で除名。

そんな非人道的なことを数々してきた人と新極真会が歩み寄りをみせる。

そんなことあってほしくはないですね。

要するに松井章圭氏は複眼的な思考法がないのですね。

自分の意見だけが最高と信じて疑わない。

吟味に吟味を重ねる、ということがどうしてもできない。

自分の価値観だけで物事を決める。

いろんな角度から吟味に吟味を重ねて決定を下していた大山総裁とは大違いです。

指導の方法論にしても同じです。

自身の綺麗な、華麗な組手をさせることを前面に出してそんな組手を強調する。

綺麗でなくても、下手で、センスのない組み手をしていても、攻撃力をつけることを継続していつしか手のつけようのない強豪になった、という例は大山総裁時代にはいくつもありました。

大山総裁は個性を尊重できる人でしたからね。

sousaiooya.jpg


しかし、松井氏が館長になってからの日本人選手にはそういう例はまるでみれないですね。

まず最初に綺麗な組手をさせる事ばかり強調しますし、その誤った方法論を月刊誌で書くことで、それに同調して感化されてしまう指導員のパターンが散見されますからね。

それに上段蹴りが、相手の顔に当たった時に残心をとればそれで技ありになる、あるいは蹴りを放って勢いだけで相手が転倒してそこで残心をとればこれも技あり、なんていう事もルール改定で決まってしまいました。

もうこれは、一撃必殺を標榜するフルコンタクト空手ではない、という感じを持つのは私だけではないでしょう。

それに不満を持っていた中村誠師範は、松井派を除名になって自分の組織を立ち上げた際に、改訂されてたルールを元に戻しました。

makotchan!.jpg
    中村誠

これは非常に正しいことでしょう。

私も誠師範の立場だったら、元に直します。

こういったいろんな意味で、松井派には何の期待もしていないし、他の極真の団体と提携してほしくない、というのが私の持論であります。

今回は以上です。

ありがとうございました。

damedGRP_0067


また再度、空手家にとって最高のサプリサイトを紹介します。

廉価かつ栄養価の高いサプリを在庫中です!
  ↓




Myproteinの製品は以下のサイトでも扱ってます!
  ↓









・ホーム
・メルマガ登録

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/06/23(日) 20:10:28|
  2. 極真空手全般事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『組織の長がサイコパスだとその組織は壊滅的になる』

【PR】プロテイン&ジムウェア 最大50%オフ!

ゴールデンウィークセール開催中
  ↓





こんにちは。

サイコパスの人間には注意ということを前回書きました。

やはり教育を施しても、格闘技をやって自信をつけてもそういうサイコパスの人間は優しくはなく、恩知らず人情知らずでいることがしばしばありますから注意が必要です。

よくインチキの出会い系サイトからのメールや、疑似稼げる系のメールはこういったサイコパスの人間たちによって運営されていますからアクセスしないように注意しましょう。

たとえアクセスしても絶対にお金を振り込んだり、ポイントを買ったりしないようにしましょう。

こういったサイコパスの人間が組織の末端にいるのならば問題はそう大きくはないのですが、組織の長になったりするともう壊滅的状態になるので始末に困ります。

極真会館の松井派の館長である松井章圭氏は、やはりサイコパスなのではないか、そんな気がします。

shoukeymn.jpg
     松井章圭

これまで自分の幼少期に世話になった支部長、自分が総本部時代に世話になった師匠、または自分にやり方に不満をもった支部長をことごとく自分の一存で除名にしてきました。

その動向に不満に思った支部長たちが自分から離れていっても一向に留めるように働きかけなかったのは見ていて呆れるばかりでした。


これは彼がサイコパスなのか、あるいは権力の魔性で組織の長になった味は何にも代えがたく、それに就任した途端に人が変わってしまったのかはわかりません。

しかし、そんなに重要な人物たちが何人も除名にされたり、離れていった組織に何故いまだにとどまっている支部長が幾人もいるのか、私には理解不能ですね。

しかも一撃必殺を標榜してきた極真空手において、あんなライトコンタクトに毛が生えたようなルールにしてしまっては何の魅力があるのだろうと不思議でならないですね。

そんな彼が、新極真会へ歩み寄りをしていたということを格闘技系のサイトでみたときには、そんなのやめてくれ、と思いました。

新極真会は潔白な団体であり、不浄な組織と一緒になっては私は困るのですね。

sekaichamps.jpg


確かに完璧な組織はないですし、新極真会にも不浄な部分はあるでしょう。

その部分を知ったら、その場合は潔くただすための論旨を展開していこうとは思いますが、今のところその部分は見たことがないのです私は。

かつての総本部時代の先輩たちと切磋琢磨して強くなることができた。

その先輩たちもが自分の組織から離れていった。

なら、何故その先輩たちと一緒になろうという気にすぐさまならなかったのか、と松井章圭氏に疑問を持たざるを得なかったのですね。

sanpinkeizou.jpg


それに、いまだ大山総裁の一族とは完全な和解は出来ていないのが現状ですね。

だから、いまだ旧会館で大山総裁三女が館長として居座っているのです。

何故、不明な面をいまだ不明なままにしておくのか、松井派の会員たちは疑問に思わないのでしょうか?

そんな不明なことが、大山総裁がなくなってから25年たっても今だ不明なままでいる。

やはり松井氏は汚いことに手を染めているのではないか、そんな気がしますね。

サイコパスの特徴を再度あげますと、

・過ちを犯しても全くの反省の色をみせない。

・人を自分の思い通りに詳らかに動かそうとする。

・人を役職や学歴などで色眼鏡をつけて接し、それらが自分よりも上の人には丁重に接し、自分以下の人には横柄な態度で接する。

・人を傷つけても平然としている。

・人種差別をする



彼と間近で接したことがないのではっきりとは言えませんが、5項目中3つ4つは当てはまるのではないでしょうか?

そういった人が組織の長である場合、その組織がまるで魅力のないように映るのは気のせいでしょうか?

今回はこれにて終了いたします。

ありがとうございました。

※スポンサーリンク

MyproteinBCAAです。
  ↓



GiRL_0087









・ホーム
・メルマガ登録

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/05/02(木) 00:11:58|
  2. 極真空手全般事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松井章圭氏はサイコパス?

ある人が、犯罪を犯しました。

その時、どういう感慨を普通の人は抱くでしょうか?

「その人は育ちが悪かったんだ。」とか「教育が足りなかったから、教育を施せばその人はまっとうな人間に生まれ変わるはずだ。」といったようなことを思う人が少なからずいるでしょう。

しかしそういうのは間違いです。

人間は生まれながらにして、「人の心を最大限大事にする人」「人の心に無関心で友人がいなくとも咎めを感じない人」の2つに分かれるのです。

ですから、後者の人に教育をいくら施そうが、前者のように生まれ変わることなどないのです。

勿論、宗教に入って祈ったって駄目なんです(笑)

私は後者の人に出会ったら、そういう人とは挨拶もしなければ話しもしないです。

そんな努力をしたって無駄ですから。

それに、そういう人に挨拶しなくても、話をしなくても全然寂しそうにはしないですから、どうぞ試してみることをお勧めします。

そういう知的武装こそ、人間関係では大事ですから覚えておいてください。

サイコパスという言葉をご存知でしょうか?

これは1つの病的な人間の精神状態を示す定義です。

以下の精神状態を持っている人をサイコパスといいます。


良心が欠落している
他者への共感力が低い
嘘をつくことに抵抗がない
責任感がない
罪悪を感じない
プライドが高い
雄弁で社交的である


この7つの定義に松井章圭氏は当てはまっているでしょう?(笑)

shoukeymn.jpg
 松井章圭


こういう人の精神状態を治そうと努力してもだめなのです。

人の心に関心のない人に関心を持たせるのは、無理な話です。


たとえば鉄道模型に興味のない人に、鉄道模型に興味を持たせることは可能でしょうか?

不可能ですよね?

それと同じことなのです。

大山総裁が存命の時はあらわにならなかったのが、自分が巨大な組織の頂点に立つことで、反論できるものがほとんどいなくなったことで、サイコパスとしての性質が顕在化し、これまで松井氏は、非人道的なことの数々をおこなってきたのです。

意見が合わないということだけで、自分の元師範や元先輩の支部長を自分の一存だけで除名にしたり、会員には不必要な出費をしたりと、その説明責任を一切果たすことなく、無反省のまま現在にいたっているのです。

そんな松井氏に呆れをきたして、元を離れる支部長として、浜井識安支部長がいますが、もっと離れる支部長がいてもよさそうなものですが…。

私は、ある本で、「医療費で3000万円かかって治せないものは治せないから、それ以上持っててもしょうがない」ということを書いてあるのを発見しました。

そんなに銭を塩漬けにして持っていてもしょうがないということの戒めの言葉なのかもしれないですね。

そのことを知っていてからか、大山総裁が亡くなった時には、総裁の銀行口座には3000万円しかなかったといいます。

館
  大山総裁

あれだけの本の冊数を書き、世界中に極真会館の支部があるのだから、それこそそれらからの収益で何億、何十億とあっても不思議ではないのにこの額しかなかったのは、自分の懐に入れずに、どんどん自腹をはたいて、支部を日本国内はもちろん世界中に作っていったからですね。

それに大山総裁は、ある支部長の反社会的な言動の積み重ねが原因で除名にするかどうかに悩んでいた時に、本人を何度も呼び出し、話しをして、除名にするのを最後の最後までためらったようです。

しかし、松井章圭氏はそんな大山総裁とは逆に、いらない出費を会員に強いてそのお金で贅沢な暮らしをしている。

そのことの説明責任もなく、何人もの支部長を自分の一存だけで除名にしてきました。

そのことについて何の心の咎めを感じていない。

これは権力の魔性か、あるいはお金の魔性か、あるいは精神性のサイコパスのせいか…私は、それら全部であると思います。

権力の魔性やお金の魔性から打ち勝つには、どんどん読書をすることで、心にブレーキをかけ、岐路を見つけ、それに従って行動していけばいいのです。

大山総裁はとにかく本をたくさん読んだ人で、いろんなジャンルの本を読み、心の糧を得て、それによっていろんな角度でモノをみて行動を規定していったようです。

現在、新極真会緑健児氏も読書家で、いろんな角度からモノをみれる能力があるのみならず、ゆえに自分の一存だけで物事の決定をおこなわずに、いろんな人の意見をききながらしてきたのです。

緑
  緑健児


やはり読書家でないと頂点に立つものは務まらないようですね。

しかもサイコパスだけは、どんな精神的な治療を施しても無理なようです。

清廉潔白な人物に生まれ変わらそうとしても無理なのです。

読書家でないからいろんな角度からものをみれない。

それに加えてサイコパス


それでは、団体に魅力が見いだせず我慢できずに脱退する支部長や会員が大勢出てきても不思議ではないでしょう。

ですから、潔白な新極真会松井氏が歩み寄りなど不可能だし、すべきではないのは明白なのです。

サイコパス人間は治しようがない…そのことを心に留めておいてもらえたらよろしいかと思います。

今回はこれにて終わります。

次回も続きます。

wowovGRP_0092










・ホーム
・メルマガ登録

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/11/07(水) 23:32:45|
  2. 極真空手全般事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ