心に怒りを抱えていると勝てない?

こんにちは。

前回は、空手が楽しくて仕方ないという人が空手で成功する、という例として極真会館松井派の上田幹雄選手を出しました。

uedamickymou.jpg
  上田幹雄

空手に限らず、他の競技や、仕事においても「これが楽しくて楽しくて仕方ない!」という気持ちでしている人が成功していますね?

ですから、空手をしていてつまらない人が、空手で成功するはずはないのです。

仕事も、「金がいいから」という理由で選ぶべきではないのです。

これまでの人生経験で、やっていて楽しくて楽しくて仕方ない、と心から思えるものを仕事として選ぶべきなのです。

つまらないものを、無理やり心を鼓舞してしていても、長くて3年で破綻してしまうのは間違いありません。

しかし、楽しくてしていても、どうしても上手くいかない人っていますよね?

長年そのことをしているのに、なぜか結果が出ない。

今回はそういう人の話しをしましょう。

突然ですが、あなたは霊とか信じますか?

「いきなり何いってんだ?」と言われそうですが、そういうものが関係あるのです。

前回に、青野楓、綾瀬はるか、吉木りさ、新垣結衣…こういったきれいな人に「落ちましたよ」と言って落とし物を笑顔で渡されたら男なら、だれでも心が高揚する。

こういう心の状態になってこそ空手も上達し、強くなる、ということを話しました。

加えて、西内まりやさんもいいですね。

先日、あの人の「午後の紅茶」の大きなCM看板を路上で見ましたが、あまりの綺麗さに見惚れてしまいました。

nakanaideb
  西内まりや

それはどうでもいいですか…(笑)

せっかく好きなことをしているのに、どうしてか上達しない人っていますよね?

その人の特徴って、いつも怒りを心に抱えていませんか?

そして人との交わりを避けて、気に入った人とだけ、あるいは1人で自主トレばかりしている。

そういう人って試合で勝ててませんよね?

そういう人には、悪霊が集まってきてその人の行動が悪くなるように悪さをするのです。

jaakushin.jpg


「はあ?また何いってんの?」と反論されそうですが(笑)、続けて読んでください。

ある宗教の教祖の書いた本を興味がてら読んでみると、

「怒り、妬み、執着、虚栄心を抱えていると、同じ波動の悪霊がその人の周りに集まり悪さをする」

と書いています。

私は霊とかそういったものは見たことないですが、それでもこれまでの古今東西の人類の歴史の中では、そういう経験談がそれこそ無数にあります。

ryouikiz.jpg

ですから、見たことがないからと言ってあながち「ない!」と断定することはできません。

そういうものの動向を見れるいわゆる霊能者という人もいます。

そういう人たちの本を読んでみると、共通して同じようなことを言っています。

心に怒りなどを溜めていると、そこに悪霊が集まってその人に悪さをする、と。

そういう怒りなどを溜めている人を見るとやはり勝ててませんよね?

とにかく練習を重ねているのに、試合直前になって怪我をしたり、体調を崩したりする。

それでそれまでの努力が台無しになって初めからやり直し。

また相手の研究をして臨んだのに、予期せぬ技が飛んできて、それを受けそこなって致命的なダメージになって負ける。

そういうことを何回も繰り返している。

私に霊は見えないですが、やはりそういう言は信じざるを得ないですよね。

試合に勝つ。

そのためには、稽古を重ねることが一番大事ですが、それだけでは勝てません。

前にも書きましたが、試合に勝てている人は、


明るく元気

いつも体がきれい

道着やサポーターもきれい

家や部屋もきれい


こういう特徴を備えていることがわかるでしょう?

稽古の質や量とは何の関係のないこともきっちりとしていないとやはり「運」をつけることはできないのです。

そして、「怒り、妬み、執着、虚栄心を抱えない」ということも大事なのです。

そのことを読んでピンと来た人はセンスがいいです!

いやお世辞でなく。

きちんと稽古を重ねているのに、なぜ勝てないんだ!と思った人は思いあたる節があるでしょう?

勝とうと思ったら、そういうものを捨てる必要があります。

ではなぜそういうものを抱えてしまうのか?

その原因と対策等を次回は書いていきたいと思います。


●弊社お勧めの空手冊子が以下になります。

興味ある方はどうぞ!

http://karate-rush.info/index.html






今回はこれにて失礼いたします。

ありがとうございました。

おススメメルマガの紹介です!
    ↓

『フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』


空メール登録は
こちら




スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック