『この偉業を忘れ去っていいものでしょうか?』

こんにちは。

あけましておめでとうございます。

今年もあなたの空手人生に足しになるブログをどんどん書いていきたいと思います。

ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

前回は、自分を含め人が上手くいかなかったときに、その人の実績や特徴を深く分析して、その人が良くなるように励ませ、ということを話しました。

今回もそのことを話します。

2012年の極真会館松井派の全日本大会においてアレハンドロ.ナバロ(スペイン)と、ゴテルジ.カパナーゼ(ロシア)による決勝がおこなわれ、ナバロがこれを制して優勝するのです。

doterujito.jpg


この時まさにナバロ35歳で、史上最年長での優勝でした。

この全日本大会より5年前の世界大会においてナバロは出場し、日本の準エースである田中健太郎を延長2回戦い、試し割り判定で降し、見事ベスト8入りし、スペイン人として初めての世界大会ベスト8入りを果たすのです。

それからまた、2013年世界ウェイト制にも出場しました。

世界ウェイト制はこれまで軽重量級はずっと日本人が優勝してきましたが、これを制し世界ウェイト制史上初の外国人チャンピオンになるのです。

aresan.jpg
アレハンドロ.ナバロ

また同じ年の全日本大会に出場し、俄然注目を浴びるのです。

その時テレビで放映されていたナレーションでは、

「日本に立ちはだかる厚い壁」

「日本の天敵」

と驚異的なフレーズで紹介されていたのです。

その前評判にたがわず、ナバロ決勝に進出するのです。

この対戦では、安島喬平と対峙し、スタミナも衰えることなく、手数も出していたにもかかわらず、やはり安島選手のほうが若いだけあって、技を出すときの溌溂さで優り、それが印象が良くなって安島選手に旗が全部なびくのです。

それで惜しくもナバロ準優勝で終わるのです。

でもこの時まさに36歳

この年齢で2年連続で決勝進出したこと自体が驚異的なことですね。

次の年の全日本大会にも出場しますが、3回戦で日本の森善十朗と対戦し、これも手数や積極性では負けていなかったにもかかわらず、やはり印象点が悪く、本戦で敗退してしまうのです。

それにもめげず、次の世界大会に出場しますが、ここでも思わぬ伏兵に3回戦で足元をすくわれるのです。

ロシアファルーク.トゥルグンボエフに判定負けするのです。

この事実を見て普通はもうトシだから限界だ(当時38歳)というのがすぐに思い浮かぶことでしょう。

しかし、その内因については本人にしかわからないものです。

もしかしたら体調は年齢によらず絶好調だったにもかかわらず、稽古中に何か怪我を負ってしまったかもしれないですね。

いろんな大会の選手控え室などにいって観察するに、いろんな劇があったことは間違いありませんでした。

雑誌やテレビでは報道されなかった、深い内実があるのはどの試合でもあるのは間違いありません。

この世界大会で、どのようなコンディションだったかは本人にしかわからないです。

この3回戦での敗北にめげず、ナバロは16年の全日本大会に出場します。

でもここでもまた伏兵に体重判定で敗れ入賞ならずでした。

ここで私が異議を唱えたいのは、その敗退によってナバロのこれまでの偉業が完全に無視されてしまうことですね。

やはり注目されやすいのは、この大会で優勝した人、準優勝した人のことばかりに雑誌やテレビではスポットが当たることですね。

それはそれで仕方ない部分があるのは否めません。

全記録や全選手の吟味などしていては雑誌を定期刊行などできませんからね。

確かに空手雑誌では、そういう昔の選手の偉業のコラムなどが載ることもありますが、私にとっては物足りないです。

ナバロの偉業は、

スペイン人として初めての世界大会入賞
全日本大会で史上最年長優勝
全日本大会で史上最年長準優勝
全日本大会で史上最年長2年連続決勝進出
世界ウェイト制の軽重量級で初めての外国人優勝

ということが挙げれるでしょう。

これだけのことを成し遂げるのは並大抵のことではないのは言うまでもありません。

arehandro.jpg


しかし、世界大会での3回戦敗北、そして次の年の全日本大会での敗北が続き、ナバロへの注目はほとんど全くなされなくなってしまったのでした。

敗北が続く…しかし、ナバロの上記の偉業は少しも色あせることはないのです。

前回に紹介した志田清之選手3度木村靖彦に勝ったという偉業も同様です。

このように敗北が続いてしまった人には、こういう過去の実績をかざして励ますのも大事ではないのか、ということを言いたいのです。

こういう過去の偉業に注目する、これが自分が前進していくことに際し重要であるということです。

そういう姿勢があれば、相手に油断することなく稽古に励むでしょう?

頷けた人は謙虚で素晴らしいです!

今回はこれにて失礼いたします。

●弊社お勧めの空手冊子が以下です。

発行から7年たっていまだ売れています。

興味のある方はどうぞ!

http://karate-rush.info/index.html

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

gubijinsou


●おすすめメルマガです!

『驚異!フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』
⇒購読希望のかたはクリック!













【おすすめ商品】  復縁、恋愛、人生相談のスピリチュアル占いはいかが?

女性は、占いなどに非常に興味ありますね!

男性もそういうのにハマるパターンは多くありますが、女性ほどではありません。

男女がもっている世界観はやはり違いますね。

benunmei


それについてどうのこうのと言っても仕方ないですね。

 でも、そのことに僕は、肯定的に見ています。

男がずぼらで、女性が非常に鋭く物事を見る力が男よりあるのは、これまでの経験でよくわかります。

 その繊細な魅力について癒されたことが多々あるのはこれまで経験してきました。

 そんな女性の魅力について男性は感謝しなくてはいけないですし、逆に、男性が女性にないものを補ってあげなくてはいけないでしょう。

細かいことにやはり女性は気づきますよね。

それが男女の生活を向上させるのです。

 たとえばオーラとか、第六感とかいったものはやはり女性のほうが鋭くわかるような気がします。

 だからこういった占いなどにハマるのは男性よりも女性のほうが多いのでしょう。

 でも覚えておいて欲しいのは、これだけにハマって、その人生の行くえに向かっていくのに一切行動しない、その占いの結果に憂えてしまい卑屈になる、ということだけはやめてほしいです。

 でも、その結果についていろいろ指針が書かれるわけですから、その内容についてはよく読んで、吟味して行動していってほしいです。

男女がより人生を協力して行動していってほしいものです。

hipparu


 それが僕の願いです。

 早坂沙織、仲山優香、宮内かなえ、香理奈の4人の占い師が相談いたします。

 この占いに興味ある方はどうぞ!

人気スピリチュアルカウンセラーからの本格的な鑑定結果をお届け1回無料相談ポイント付き
  ↓
 無料スピード診断
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック