スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『成功者の外面でなく、内面や内容を学んで強くなろう!』






みなさん、こんにちは!

20110718155120.jpg


さて、前回は空手において成功したかったら

【成功者の真似をしろ!】

という話をしました。この言葉は真理をついていると思います。


 ではどういう鍛錬をすべきか?


DVD等をみて上位入賞した選手のコンビネーションの真似をしてみてもほとんど意味がなく、真に強くなりたかったら、その人の


・どういうきっかけで空手を始めたか?

・どういう心で稽古に臨んでいたか?

・どういう内容の稽古をしたか?

・どれだけしたか?

・何を中心に稽古をしていたか?

・どういうような人との接し方をしていたか?

・挫折した時にどうやって這いあがったか?


というプロセスを学べ、ということを声を大にして書いておきたいです。


では、今回は、その成功者の真似の一部としまして、

 【打たれ強さはどうして培うか?】

という話をします。

まず、ボディの打たれ強さですが、空手に限らず、どの格闘技でも腹筋は重要です!

なぜなら、ここをきかされたら動きは止まり、相手にとって格好の餌食になりますから。

それに、この腹筋が弱いと蹴りの威力もでませんから。

前々回において、現在新極真会谷川光選

『フットワークだけでなく、打たれ強さも兼ね備えている』

ということを書きました。

第26回全日本選手権大会の3回戦で黒澤浩樹を、4回戦で岩崎達也を共に体重判定で降したところで、彼は部類の打たれ強い選手であることが証明されました。

特に黒澤選手の下段蹴りの威力は世界一!といわれていましたから、その彼と延長2回までもつれこんで体重判定にまでもつれこんだのは、並大抵の打たれ強さではありません!

浩樹
黒澤浩樹

延長2回を戦い切るのに、フットワークだけで逃げ回っているだけで勝てるほど空手の世界は甘くはありません!

谷川光選手は、非常な打たれ強さを持っていたのです!

その打たれ強さを培うための鍛錬は非常にきつい内容です!

しかし、そのきつさを乗り越えることが何故、いにしえの極真の猛者たちは可能だったか?

特殊な身体能力があったから?

普通の人たちにはない資質があったから?

全然違います!

誰にでも出来るようになります!

すぐになれます!

すぐにこなせるようになります!


それはこの冊子に書かれています!

【いにしえの極真の猛者たちに学ぶ修練3倍アップ法】
  ↓
http://karate-rush.info/index.html



昨今は空手に関する情報が多すぎて右往左往している人が多いです。

そうならないようにきちんとした情報を得て、修練に臨んだほうが人生を意義深く送れるのではないか、と思っています。

そんなことに役立てたらと思います。


おススメメルマガの紹介です!
    ↓

『フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』


空メール登録は
こちら











スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。