FC2ブログ

極真空手のブログ

フルコンタクト空手で強くなりたい人のためのブログです!

『これもメタ認知能力?』

こんにちは。

今回もブログを読んでいただき感謝いたします。

本当に強くなりたかったら、合同稽古のみならず、

「もっと強くなるためにはすべきことはないか?」

「そのためには何をすればいいか?」


ということを考え続け、探し続け、見つけたらそれを即行動に移すことが重要ということを話しました。

これはメタ認知と呼ばれるものですね。

goudoukeikotya.jpg


有力な支部から後続が現れなくなってしまうのは、まさにこういうメタ認知を、指導する側も、稽古する側もしなくなってしまうからだ、ということも話しました。

ゆえに覇権が他に移動してしまう、ということですね。

有力な実力を有した極真空手の猛者たちは、こういうメタ認知を怠らずに修練に明け暮れました。

そういったメタ認知をして更なる高みに行こうとその道を専門家に教えを乞うて、そのトレーニングをおこなってきた例として、緑健児、八卷建志、数見肇、鈴木国博といった人たちのこともこの場で紹介してきました。

建志
八卷建志

みんなでやる合同稽古や帯研だけで満足せず、更に自分にトレーニングを課してきたのですね。

有力な支部の稽古やトレーニング内容は、そうでない支部の稽古内容よりもレベルが高いのですね。

それだけを見て、「これだけこなせば…」という誤解を招き、それをこなすだけで満足してしまう。

そうではなく、更に自分に出来ることはないか?

もっと大事なことも他にないか?
という問いかけを続けるのみならず、それを発見出来たら即行動に移し、習慣にしていくのですね。

そういう事を続ければ、運を身に着けることができ、勝てることもできるということですね。

合同稽古だけで強くなれるほどやはり世のなかは甘くないようです。

メタ認知できない人は宗教にはまりやすいのです(笑)

lastsupper.JPG

宗教では、威厳だかぶった本に、もっともらしいことが書いてありますから、それを読むと「これこそが最高の宗教だ!」と思ってしまうのです。

しかし私から言わせれば、視野がそれでは狭いのです。

「他の宗教はどうなのか?」

「もっと有効な教えはないか?」

といった視点が欠けているのです。

自分の属する宗教の内容を勉強するだけで精一杯になってしまう。

もっと有効な教えは、いろんな本を紐解けば書いてあるのです。

gendaishousetu.jpg

ですから宗教にはまる必要性はないと思われるのですが、この世にはそういう視点を持たずに宗教にぞっこんになってしまう人が多いようです。

まさしくメタ認知の欠如ですね。

メタ認知できるようになるためには、本や雑誌を読み、知的好奇心の赴くままいろんなことを自主的に学んでいけばいいのです。

決して1つのことだけで満足してはならないのです。

しかしやみくもに情報を集めてもだめです。

支柱がしっかりしないまま、情報を集めても右往左往するだけで終わってしまうのです。

そのためにはまず、成功者の接してきた情報に接し、それを支柱にしてそれからいろんな情報を集め、行動していくのが大事なのです。

興味のある方は以下の冊子を読んで下さい!

http://karate-rush.info/index.html


違う方法を探す。

もっとうまくいく方法を探す。

ということですがこれは、

「もっと簡単に強くなれる方法」

ではないですからお間違えなく(笑)

簡単に強くなれる方法などないのです。

盧山初雄中村誠といった極真の最古参の師範たちは、かつて大山総裁から、

「君、空手やめたほうがいいんじゃない!」

といわれたこともあったそうです。

しかしこの2者は、それでもめげることなく修練を続け、結果的に世界大会で準優勝優勝をするまでになったのです。

これもメタ認知能力ですね。

makotchan!.jpg
  中村誠

いわれたことがすべてではないと毅然と心に鎧をまとい、更に頑張るということですね。

例えば、師範や先輩から、

「馬鹿野郎!お前は空手なんかやめちまえっ!」

といわれてもやめないで続ける能力があってもいいでしょう。

これもメタ認知能力です(笑)

いや本当に。

そんな鎧を心にまとって頑張ってほしいものです。

そんな頑張るあなたを私は応援したい!

●以下、空手家のための、サプリを中心としたサイトを立ち上げました。

今やサプリを摂取せずして、空手の試合のための身体を作るのは不可能です。

以下のサイトのメニューを見てもらえれば、そのことに納得してもらえるはずです。

どうぞ見てくださいませ、ご覧くださいませ!(笑)

http://karatemen.grupo.jp/index

では今回はこれにて終了したします。

ここまでのご精読に感謝いたします。

失礼いたします。

barusamiko_0198.jpg












・ホーム
・メルマガ登録




【PR】こんなところに男女のすれ違いが…

ダイエットに最適!



●フルべジト酵素液


清涼飲料水として20ml~50mlを1~2日1杯を目安にお召し上がりください。


味も美味しく、デトックス効果の高い酵素ダイエット液!

注目度も高い酵素ダイエットから栄養価の高い上澄み部分だけを抽出した味も美味しい黄金の酵素液が遂に誕生!

色も味も酵素パワーもケタ違い!

酵素パワーは、青パパイヤ酵素の300倍!

80種類の野菜、野草、果物、海藻を熟成ブレンド!

味は飲みやすいアップル味です。







フルベジデト酵素液 (酵素ダイエットドリンク)



みなさん、こんにちは!

このページにきてくださり非常に感謝いたします!



今回は、このボクの個人的な経験を話しましょう!



ボクが、某ファミレスにいって、前日パチンコで勝って、もらった景品としての飴を知らない、その時初めてみたウェイトレスの女の子にあげました。



すると、その女の子のウェイトレスは、非常に喜んで、喜色満面の笑顔でお礼をいってくれました。

waitress



男としては、こういった過剰ともいえるほどの喜びが嬉しいのですね!

こういった自分の行為を受け入れられた時の瞬間がとても好印象になるのです!

喜びの顔を見せられると、そのコのことが忘れられなくなります!

帰る時に、 「また来てください!」なんて言ってくれました。

しかし、この段階で「付き合ってください!」だの「メールください!」などといって名刺を渡してもダメです!

おそらくメールなど女の子はくれないでしょう!(苦笑)

男はボクも含めバカですから(笑)、こういったちょっとしたことで、「この子は俺に気があるんだ!」「このコとは恋人になれる!」などと勘違いしてしまうんですね(笑)!

ボクのこれまでの経験からいって、恋人でもないのに、

彼氏ヅラしてよってくるオトコ

は、いても

彼女ヅラして近寄ってくるオンナ

は聞いたことないですね(笑)

男の哀しいサガで、女の子のちょっとした行為でその女の子から好かれていると勘違いしてしまう…でも女性はそういうことが皆無に近い。

女性はたいてい奥手ですから、いきなり男にぞっこんなんていうことはありません、勿論そういう例はありますが、極めて例外的ですね…

「ただの知り合いの男」→「信頼できる人」→「大事な人」→「彼氏」

というプロセスを踏まなくては女性をゲットできません!

ねえ、女性諸君!?

ボクも経験ありますが、ただの知り合いの男の段階でいきなり「メールください」や「○○に行きましょう!」などといっても一切ダメでした(笑)

やはり、上記のプロセスを踏まなくては!

でもこの逸話からもわかるように、女性の喜色満面の、笑顔いっぱいの喜びは男性に好印象を残す、ということです!

恋愛がよくわかっていない男から、彼氏ヅラしてよってこられる、というデメリットもありますが(笑)。

その表情を出すことができるのは、男や自分もともに受容出来た時だけです

男を受容出来ない女性が、できるようになるためにはどうすればいいか?

恋愛心理学や自己変革の心理学の類いの本をたくさん読みまくり、

自分は人に愛される資格が充分にあるんだ!

という境地に達することですね、長い時間をかけて。

そして、男性も自分も受け入れられるようになったら、磨いてほしいのが脚です!

綺麗な脚もまた男性に好印象を残します!

kireidekka


脚が綺麗になると、セックスだけが目的で近づいてくるオトコも出てくる、というデメリットもありますが(笑)。

そんな男には気をつけましょう(笑)

綺麗な脚をめざしたい貴女におススメのアイテムがコチラ!

◆【脚やせ】天使の美脚塾【DVD-BOX】
  ↓




恋愛とダイエットは不即不離の関係にあります。

恋愛上手でも、綺麗になる努力を怠った女性は魅力ありませんし、綺麗だけで男を受容できない女性も魅力ありません。

両方を共に向上させて、魅力ある女性になって欲しいです。

今回は以上です。

ありがとうございました。

スポンサーサイト



テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/12/23(土) 15:41:53|
  2. 強くなるための情報理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ノーマークの支部から強豪が…! | ホーム | 指導者にもメタ認知能力が必要?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rattroll.blog110.fc2.com/tb.php/203-55dead91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)