『成功者に学ぶのが、強くなるための最大の近道!』





こんにちは!

前回は、池田雅人選手95年全日本ウェイト制の中量級の準決勝で、あのギャリーオニール選手に圧倒的な判定勝ちで降したにもかかわらず、その5カ月後の世界大会において、ギャリー選手4位に入賞し、池田選手ベスト16で終わってしまった、ということを話しました。

asukaman.jpg
池田雅人

池田選手としてみれば、くじ運が悪かったという面もあるかと思います。

5回戦で、あのフランシスコフィリョ選手と当たってしまったわけですから。

彼の傍の人からすれば、次の全日本から頑張ればいいだけで、彼が活躍できる余地は充分ある、ということもいえたと思います。

しかし、傍らの人の期待通りにはならず、彼は世界大会の次の全日本から活躍できず、2回戦負けや3回戦負けを繰り返していました。

その半面、自分がかつて勝ったギャリー選手は、2年連続で全日本大会で準優勝するという、活躍をみることができました。

池田選手としては、どんな感慨でいたのでしょうか?

「自分がかつてめった打ち状態で勝った相手が2年連続で準優勝…自分は2回戦負けばかり…」

私はこういった経験がないもので、推し量ることができないのですが、かなり焦ったと思います。

このように勝てなくなるスランプに陥った時は、

  「方法を全般的に変える必要」

があると思います。

経営か何かのメルマガで読んでいたら以下の、フレーズが出てきました。

『方法を変えずに違う結果を求める…こういうのを精神異常者というのです!』 


随分、過激なものいいだな、と思いました(笑)。

ここまで過激に私は言いませんが(笑)。

でもそれまでの方法を代える、というのは精神的にかなり難しいことですが、重要であると思います。

「はたして代えていいのだろうか?代えることで必ずしも結果が出るかどうかもわからない」

「今は結果が出ていないけれども、そのうち出る途上にいるのではないだろうか?だから代えたらまずいのではないだろうか?」

「代えるのは大事かもしれない。でもその方法が本当に正しいのかどうかもわからない。」

こういった不安がよぎると思います。


でも、そこは勇気を出して代える必要があります!

その道の一番わかっている人に学んで!

「その道の一番わかっている人に学んで」というところが大事です。

そうでないと、闇雲に突き進んでも、下手をするとこれまでよりも、強くなる道から外れる危険性も出てきます。

2000年全日本ウェイト制でも池田選手は途中敗退してしまいました。

その直後にロシアでおこなわれた「ロシアンカップ」に修業がてら出場しました。

しかし、そこでもベスト8どまりで終わってしまいました。

しかし、そこで池田選手は教訓を得るのです。

「突きを強くする重要性を体感した!」というのです。

そこから、彼は突きの鍛練を重ねることによって彼は不死鳥のように復活することができたのです!

その秋の全日本大会で1~2回戦は目立った勝ち方をせず順調に勝ち上がりましたが、注目すべきは3回戦でした。

相手は、前年やそのまた前の年の全日本ウェイト制で重量級を連覇した志田清之選手でした。

95年のウェイト制では空手歴4年ながらいきなり準優勝し、世界大会にも出場するという快挙を成し遂げたにもかかわらず、それ以降全く活躍することができずにいた池田選手と、重量級で2連覇を果たした志田選手、どの観客も志田選手が圧倒するかと思いきやさにあらず!

本戦序盤は互角でしたが、徐々に池田選手の胸元を狙った突きが効き始め、ジワリジワリと志田選手は後退を余儀なくされていきました。

昨年の全日本ウェイト制重量級で優勝した選手と、軽重量級で3回戦止まりの選手、どちらが勝つかといわれれば、間違いなく誰でも重量級優勝者と答えるでしょう。

しかし、試合が進むにつれて志田選手92キロもある巨体がぐらりぐらりと何もできないまま揺れていくのです!

場内も揺らぎだしました。

そのうち、突きに繋いだ下段蹴りも強烈に炸裂し、またも上体が「く」の字にまがりました。

突きが活きると蹴りも活きるのがわかりました!

その状態から脱することはできずに、試合終了!…池田選手の圧倒的な判定勝ちでした。

次の4回戦で、池田選手はこの年のウェイト制軽重量級で4位に入った御子柴直司選手を本戦判定で降しました。

これで全日本で5位に入賞しました!

こういったこれまでの試合実績にかかわらず、いきなり全くのノーマークの選手がいきなり上位に食い込む現象を観れるのがトーナメント戦の醍醐味といっても良いでしょう!

5年前の世界大会に出場してから入賞経験のなかった選手がいきなり入賞経験で勝る選手を倒して入賞…非常に面白いなと思いました。

前々回と前回と紹介したギャリー選手池田選手に共通する点は何でしょうか?

ファイル0095 (1)


そうです、【突きの威力】を強化することによって、無差別でも勝ち上がることができるようになった、ということです!

空足ならぬ空手の間合いでは、突きが強くなくては真に強くはなれない、ということです!

その突きの強化の詳らかな方法はこの冊子に書いてあります!

おそらく、この冊子以外に書いてあるモノは極少と思います。
  ↓
http://karate-rush.info/index.html

勿論、空手には足技もありますから、足の力の強化をしていく必要もありますし、体全体を頑強にする必要もあります!

こういった方法論はやはり、その道の一人者や成功者にきかなくては叶うはずがありません。

空手に必要なのは、ある人はスピード、ある人はテクニック、ある人はスタミナ、ある人は手数、ある人はパワー…etc

いろんな人がいろんなことをいう。

そこで、あまり空手歴の少ない人が指導員をつとめて、持論を展開する…すると、聞いている道場生はそれを鵜呑みにして、その指導員がいったことに反論を加えずに、練習に励む。

でも上手くいかない。

上手くいかなかった道場生は、「自分は空手の資質がない」と諦めてしまう。

これは、現代の空手の弊といってもいいでしょう。

「きちんとしたインフォメーションが伝わっていかない」


という弊です。

私も、きちんとしたインフォメーションをとらえることなく、空手論を道場において展開してしまったことがありました。

そのため、道場生に間違った理論を植え付けてしまいました。

「空手に一番必要なのはテクニックである」

と。

これは大きな間違いですから読者のみなさんは、鵜呑みにしないようにお願いします!

なら、空手に一番必要なのは何でしょうか?

それは【攻撃力】です!

突きはもとより、技全体の攻撃力を増したから勝ち上がれるようになったギャリー選手池田選手の例からも、それはわかるのではないでしょうか?

その攻撃力をつける際のキーワードは『●と▼』!

勿論、空手に必要なのはスタミナもテクニックも手数も必要ですから、これらも重要なのはいうまでもありません!

しかし、攻撃力をつけずして、これらを一生懸命に向上させても空手で強くなりませんから、そこはお断りします。

ほとんど無駄な努力といってもいいかもしれません!

攻撃力を中心にしての鍛練…これは以下の選手たちが実践してきたことなのです!

佐藤勝昭(第1回世界大会優勝)
盧山初雄(第5回全日本優勝、第1回世界大会準優勝)
大石代悟(第1回世界大会4位)
三瓶啓二(第12、13,14回全日本優勝、第2,3回世界大会優勝)
桑島靖弘(第20回全日本優勝)
七戸康博(第5回世界大会7位)
黒澤浩樹(第16回全日本大会優勝、第5回世界大会3位)
増田章(第22回全日本大会優勝、第5回世界大会準優勝)
緑健児(第22回全日本大会準優勝、第5回世界大会優勝)
八巻建志(第6回世界大会優勝)
数見肇(第6回世界大会準優勝、第25、28,29,30回全日本優勝)
フランシスコフィリョ(第7回世界大会優勝)
木山仁(第8回世界大会優勝)
アルトゥールホヴァニシアン(第9回世界大会3位)…etc

ここまで例を挙げれば、これまで自己流でやってきた人は代える必要性を感じるでしょう!

このように、これまでの強豪たちを研究して出した結果、私が制作した冊子を 『いにしえの極真の猛者たちに学ぶ修錬3倍アップ法』と名付けたのです!

決して私のユニークな論を展開したのではありません!

これまでの誤った方法を代えて、目の覚めるような清々しい空手人生を送っていただきたいと思います!

●その方法論をギッシリつめた冊子がコチラ!
  ↓
http://karate-rush.info/index.html

今回も御精読いただきありがとうございました。

次回も頑張りますので、よろしくお願いします。


おススメメルマガの紹介です!
    ↓

『フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』


空メール登録は
こちら


失礼します。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック