FC2ブログ

極真空手のブログ

フルコンタクト空手で強くなりたい人のためのブログです!

『シンプルがベスト=王道?』

【PR】割引が増える?

サイト内30%オフ
  ↓




こんにちは。

これまで、攻撃力のアップを最大限に高めながら稽古に臨むことが最大の王道であり、モチベーションの最大のあげ方である、ということをこれまで指摘してきました。

しかし、極真会館(松井派)ではその王道の仕方がなされていないがゆえに外国人とくにロシア人にずるずると後退させられて負ける、というパターンが散見される、ということは多くの人が気付いていることでしょう。

それとは反対に、新極真会ではその王道の仕方が流布されているがゆえに、日本人が常に世界大会をリードしてきている、ということを指摘してきました。

シンプルに考える…それがベストだと思うのですね。

組手の方法論を先にありきで、間合いがどうたら、距離がどうたら、放った後にどの技がいい、もらいながら攻撃を出すのがいいか、躱してからだすのがいいか、こういう時はどういう技がいいか、こういった事を講義ばかりしていると、難しい印象を与えますし、テクが最大のポイントと、受け手は勘違いしてしまいますから、それは王道ではないのです。

邪道なのです。

難しい印象を与えて、多くの人がすぐに辞めてしまう。

よしんば強くなれた人もこういった各論ばかりに目が行って更に強くなることができない…これは邪道でしょう?

シンプルに考えて前進することが最大限重要なことでしょう。

20110718155313.jpg


シンプルに考えることができるがゆえに、ロシア人は途中敗退した人でも、訓練を続けて次の大会では上位に入賞する、というパターンが散見されるでしょう?

それに、まるでノーマークだった選手でさえもいきなり上位に入賞したりする、ということも散見されますね?


負けても這い上がるロシア人の根性と新極真会の日本人選手には共通するものが見えますね。

入来建武前田勝汰の精神にはとくに。

irikikenbu.jpg
  入来建武

シンプルにこうすれば勝てるとわかれば、それを最大限に意識をフォーカスして稽古やトレーニングに打ち込むことができ、その結果ノーマークだった選手がいきなり上位に入ってきたりする。

そのことで、周りの人間に勇気を与え、全体的にいい意味での楽観視の気風が生まれ、全体的なレベルアップにつながる。

入来選手は、昨年の全日本大会で怪我ゆえに一本負けしてしまいました。

そして前田勝汰選手も、ダークホースに足元をすくわれ、ベスト4入りならず。

捲土重来を喫して、今年のJFKO全日本フルコンタクト選手権大会入来選手3位と振るわなかったですが、復活を遂げたといえるでしょう。

そして前田選手は、軽重量級で見事優勝をするのです。

katutasyou.jpg
   前田勝汰

そんな中、ノーマークだった選手も、10人近く入賞を果たし、世界大会の切符を手に入れました。

ノーマークだった人と、優勝候補の人が両方入賞する、これがまさに理想なのですね。

優勝候補だった人は、ベテランであるだけに入賞することで、その経験値がある人が世界大会に出場することで安心感を周りに与えますし、ノーマークだった人が入賞することで、周りに勇気を与え、更に全体的なベースアップをはかることができるからですね。

常に無差別級の全日本大会で上位を独占してきた島本雄二、入来建武、前田勝汰の3人が今回の世界大会を牽引していくことになるでしょう。

yujisima.jpg
   島本雄二

その盤石性を今回の大会で見た気がしました。

今回の世界大会も日本人が優勝できるのではないか、という期待を抱いていますね。

しかし、松井派のロシア勢の勢いはすさまじいものがありますね。

前回の世界大会において、3日目に勝ち残ったベスト32人中ロシア人は18人が残り、ベスト8には4人が入りました。

こんな勢いのある国は知りません。

島本雄二、入来建武、前田勝汰の3人がベスト4入りし、その後松井派の世界大会が開かれましたが、日本人選手優勝できずにベスト82人が入っただけでした。

これをみて、島本雄二、入来建武、前田勝汰の3人が松井派の世界大会に出場すれば、と思ったのですが、実際はどうなのでしょう。

わからないですし、島本入来も負けるかもしれない…そんな危惧を抱いてしまうほどのロシア勢の勢いはすさまじかったですし、それが今も収まらないですね。

kotyunev.jpg


でもそれはわきに置いておきまして、うまく事が運ばなかったとしても、シンプルに考えて稽古やトレーニングに打ち込む。

それで見事復活を遂げる…これは松井派ロシア人ファイターや、新極真会日本人選手のに共通するメンタルですね。

逆に、大事なことを強調せずに、いろいろ組手の方法論を詳説して難しい印象を与えて選手たち全体の上昇気流を阻害して少数の人しか強くなれない…これが松井派日本人選手のメンタルですね。

そのことを充分認識しながら、前に進むことが大事ではないでしょうか?

●そのことに頷けた人には紐解いてもらいたいのが以下の冊子になります。

王道の情報を得てくださいませ。

http://karate-rush.info/index.html


では今回はこれにて終了いたします。

ありがとうございました。

iioppaGRP_0690


再度、空手家にうってつけのサプリサイトを紹介します!
  ↓



Myproteinの製品は以下のサイトでも扱ってます!
  ↓

















・ホーム
・メルマガ登録

スポンサーサイト



テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/06/23(日) 19:28:23|
  2. 勝つために必要な事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『極真会館(松井派)と新極真会との歩み寄りは可能か?いやしてほしくないです。』 | ホーム | 『八巻建志や木山仁は何故世界大会で優勝できた?』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rattroll.blog110.fc2.com/tb.php/469-6bdeb0d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)