『上段蹴りには上段蹴りをもって制すべし-その弐』









みなさん、こんにちは。

前回も、

【上段の強い人間には上段をもって対処すべし!】

という旨のメルマガを書きまして、そのことに強い共感をしてくれた読者のかたが何人かいらしてくれたみたいでしたので、今回もその旨の内容を書いていきたいと思います。

またも、引き合いにだすのは、成嶋竜選手です。

GRP_0036.jpg


彼が負けてしまった試合として、第1回世界ウェイト制における準決勝の模様をお伝えしましたが、今回は第6回世界大会(松井派)の4回戦をみていきましょう!

相手はギャリーオニール選手です。

ファイル0095 (1)


●ギャリー選手は171センチ72キロと中量級の選手ですが、非常に上段のテクニックをあわせもつ選手でした。

この4回戦の前におこなわれた試し割りにおいて成嶋選手よりも多く割っていることを知っていたギャリー選手は、序盤から接近戦で打ち合わないでステップで成嶋選手の攻撃を躱す

【ヒットアンドアウェー】

の戦法に徹して、延長2回まで粘り、試し割り判定を狙っていく姿勢がわかりました。

ヒットアンドアウェーとは、接近戦で打ち合っては、すぐに離れて相手の攻撃を躱す戦法のことです。

トーナメント戦において、相手の攻撃を極力受けないでいくためにはこういった戦法が一番理にかなっているのは明白です。

入り際に、カカト落としや上段回し蹴りを放っては中段突きの打ち合いをして、すぐさっと相手の躱してはなれる戦法でした。

体重差もなく、自分が試し割りで負けているのがわかっていた成嶋選手はどうしても試合で決着をつけなくてはいけないと、相手に得意の上段回し蹴りをはなつも当たりません。

離れ際に、ギャリー選手のはなつ上段後ろ回し蹴りやカカト落としに警戒して対処するのが精いっぱいでした。

このように、ギャリー選手のように上段、しかも殺傷力のある上段をもっていると、たとえ成嶋選手のように上段の強い選手と対戦した時でも、自分のペースに持ち込めるのです。

上段はきちんと対処(=ガード)すれば当たることはありませんが、しかし、その対処する何秒間かがあるかどうかで、自分が勝てるかどうかが決まるといえるでしょう。

なぜなら、下段や中段はもらいながらでも相手の間合いに入ることができるが、上段はもらいながらでは自分が倒されてしまうからです。

こういうことに気付くか気付かないかで、自分の組手の幅がグンと広くなることに変わりはありません!

延長2回の中盤、あとがないとわかった成嶋選手は、必死になって突きの接近戦に持ち込みます。

前回も解説しましたように、成嶋選手の突きは、

【骨の髄まで響く突き】

とまでいわれました。

ファイル0097


しかし、そんな強烈な突きをもつ成嶋選手に臆することなく、ギャリー選手は打ち合いを互角にします。

全然差がないまま延長2回が終了し、引き分け、そして体重差もなく、試し割り判定でギャリー選手は勝利を手にし、その次もその次も勝ち抜き、171センチという小兵ながら世界大会で4位になりました!

ギャリー選手は、上段もさることながら、突きの威力も相当な力をもっていたのでした。

このダイジェストをしるした雑誌を私は今も保存していますが、どれもギャリー選手のテクニックについてしか解説していないのです。

右構えになったり左構えになったり…

上段を蹴るタイミングが…

コンビネーションの妙が…

こういったことしか書いてないのですね。

空手の試合で一番重要なのは、こういったテクニックもさることながら【技の威力】なのですね。

いくらステップやタイミングのうまさがあっても、技に威力がなければ、そういったテクニックなど全然効力を発揮しません!

こけおどしの上段で、フォームでしかなく技に威力がなかったら、接近戦に持ち込まれボコボコにされるだけです。

あの成嶋選手が、接近戦でも有利にもちこめなかったのは、ひとえに技全般に威力があったからです。

あの大会の準決勝で当たった八巻建志選手は、自叙伝の中で、ギャリー選手の突きを、

「内臓の芯まで響く威力を秘めていた」(『光輝の拳』八巻建志著)

とまで語っていました。

このように一番重要な威力について語っていたのは、唯一この八巻選手の自叙伝だけです!

他の雑誌は、ギャリー選手については、テクニックの面だけにしか言及しないのです。

こういった雑誌ばかり読んでいては、

【空手で一番重要なのはテクニック!】

という誤った認識が広まってしまうのはやむをえないかもしれない
ですが、空手を極めたいと思っている人に対しては、迷惑この上ない話しですね。

空手とは、

【突きと蹴りで相手を倒す格闘技】

です。


それらの威力をずっと向上させ続けることが一番重要なのです。

●誤った認識から脱して、本当に強くなりたい人に最高の冊子が以下です!

数見肇


この以下の冊子は数見肇(極真空手25回、28回、29回、30回、34回全日本大会優勝)の賞賛の冊子になります!

現在、セールとしまして

『6800円』
での提供になります。

どうぞこの機会にご利用ください!
  ↓
http://karate-rush.info/index.html

では今回はこれにて終了します。

次回も、あなたの空手人生に有意義となるメルマガを発行していきたいと思います。

ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

失礼します。








スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック