【空手こそが最強の格闘技である!!】

みなさん、こんばんは。

前回は、型の稽古の重要性を強調しました。

空手も護身術から発生した格闘技ですから、前のみならず、後ろ、横とあらゆる場所から敵が襲いかかってきたらどう相手の技をかわし、受け、どういう技を出して敵を倒すかを体系化したものが型にほかなりません。

そこでは、フルコンタクト空手の試合では禁じられている、

掴み、

投げ、

手による顔面攻撃、

金的や間接への攻撃

も入っています。

こういった技を全般的に使うことによって、多方面から掛ってきた相手を倒すことができると私は思います。

空手の試合においては、突きと蹴りしか使用しませんが、それはフルコンタクト空手の創始者である、大山倍達総裁の価値観によった、としかいいようがありません。

●本来、掴み、投げもあるのに、どうして試合では使ってはいけないのか?

そう思う人が出てもおかしくはありません。

そういった技をすべて駆使することにこそが本当の空手ではないのか?

ファイル00180..


そういう理念の元、極真空手の第9回全日本選手権で優勝した東孝は、極真空手を脱退し、突きや蹴りのみならず、

投げ、

掴み、

手による顔面への攻撃、

間接技
を取り入れた『大道塾』を開きました。

ファイル00090.. (1)
東孝

もちろん、素で手による顔面攻撃を認めては死人が出ますから、試合の時は、顔面にはプロテクターを付けます。

こういったものが果たして空手か?

という素朴な疑問が湧きますが、それは個人の判断に任せましょう。

ファイル0019


しかし、格闘技のすべての技を駆使することによっていろんな格闘技に対する免疫力は高まることは間違いないでしょう!

突きと蹴り、これだけでは掴まれたらどうするか?

間接技でかかられたらどうするか?

打撃だけでは、とても勝てるわけはないでしょう。

それが正直なところです。

すべての技を駆使したのが、 【型】の稽古であるといっていいでしょう。

それを自覚すれば、どんな状況でどんな相手がかかってきても対処することができることは間違いありません。

●『空手こそが最強の格闘技である!』

そういう理念をもつことによって、稽古に一生懸命に励めると思います。

ただし、試合のルールだけでなく、基本稽古や型の稽古でやることをすべて駆使することによってです。

そうすれば、他のどんな格闘家をもねじふせることができること間違いありません!

いにしえの極真も猛者たちはそういう理念で稽古してきたのです。

そういう理念をもつことが一番大事であると思います。

いにしえの極真も猛者たちとは、以下に挙げる人たちです!
  ↓
佐藤勝昭(第1回世界大会優勝)

盧山初雄(第5回全日本優勝、第1回世界大会準優勝)

大石代悟(第1回世界大会4位)

三瓶啓二(第12、13,14回全日本優勝、第2,3回世界大会準優勝)

川畑幸一(第3回世界大会8位)

桑島靖弘(第20回全日本優勝)

七戸康博(第5回世界大会7位)

黒澤浩樹(第16回全日本大会優勝、第5回世界大会3位)

増田章(第22回全日本大会優勝、第5回世界大会準優勝)

緑健児(第22回全日本大会準優勝、第5回世界大会優勝)

八巻建志(第6回世界大会優勝)

数見肇(第6回世界大会準優勝、第25、28,29,30回全日本優勝)

フランシスコフィリョ(第7回世界大会優勝)

木山仁(第8回世界大会優勝)

こういった人たちに学んで強くなりましょう!

●●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<商材のご紹介>

『いにしえの極真の猛者たちに学ぶ修錬3倍アップ法!』

この商材のコンセプトは以下です!

どうすれば、空手の鍛錬に対するやる気がでるか?

どうすれば、今よりもっと強くなれるか?

私が、悩みに悩み、研究に研究を重ねていった結果、それは『攻撃力』を中心に鍛錬をしていく事によって、一番テンションがあがり、一番強くなれるということを発見しました。

その『攻撃力』のキーワードは2つ。「●と▲」!

『攻撃力』を中心に、さらにテクニックアップ、スタミナアップに励むことによって、更に強くなれるのです。

◎『攻撃力』をつけずして、解説書やDVDをみてテクニックやスタミナをいくらつけても、組手が上手くいかない。
  ↓
組手が上手くいかないから、テンションが下がる。
  ↓
テンションが下がるから、鍛錬から遠ざかる。
  ↓
鍛錬から遠ざかるから、強くなれない、という悪循環を繰り返す。


◎しかし、逆に上手くいっている人は『攻撃力』を中心に励むことによって、組手が上手くいく。
  ↓
組手が上手くいくから、テンションがあがる。
  ↓
テンションがあがるから、鍛錬に励む。
  ↓
鍛錬に励むから、強くなる。

という好循環を繰り返すことがわかりました。

●この鍛錬法は、「いにしえの極真の猛者たち」のしていた鍛錬法です!

難しく考える必要は一切なし!

シンプルが一番!

難しく考えて、雑誌やテクニック書やDVDをみて、いろんな技術ばかりだけを身につけようとするから、上手くいかないのです。

「成功したかったら成功者の真似をしろ」

これは、空手に限らず、あらゆる分野でも一緒です!

空手の成功者の鍛錬法を真似て、最高の空手人生を歩みませんか?このメルマガや商材を通して、あなたを入賞常連の選手に仕立てます!

★あなたにおススメの商材が以下になります!

これは、数見肇(空手道数見道場館長--極真空手第25回、28回、29回、30回、34回全日本大会優勝者)賞賛の冊子になります。

数見館長の書評も収録してあります!

数見肇


「今得ることが難しいが空手で強くなるための重要な情報がここにある!」と評していただきました。

私もそう思うからこそ、冊子にその情報を詰めました。


『6800円』

での提供になります!

どうぞこの機会をお見逃しなく。
  ↓
http://karate-rush.info/index.html









ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

今回はこれにて失礼いたします。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック