スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きつい稽古に堪えるには楽観主義で行きましょう!


こんばんは!

前回は、「工夫」の大切さについて書きました。

その工夫とは、

「状態が良くなるために、既存にないものを付け加えること」

と定義しました。

自主トレをこなすことによって、状態が良くなる=強くなる、上手くなるのですから、自主トレは、立派な工夫になります。

●前々回に、中段蹴りや下段蹴りは技量の差はあっても誰でも蹴れる。

しかし、上段蹴りや前蹴りは、個別に練習しないと蹴れない。

しかし蹴れるようになると、自分の間合いを保つのに有利になる、相手のスタミナを奪うのに非常に有効になる。

と講義しました。

緑健児師範は、第5回世界大会の前には、きつい朝錬の後に、手技はもちろん足技全般をサンドバッグに叩きこんでから終了したようです。

その数1500本を超えていました!

けんじ 


 緑師範が、得意としたのは、左足前のオーソドックスな構えから、左横蹴りをノーモーションで出すことでした。 

 回し蹴りのように、弧を描いてくる蹴りはそんなに怖くはありませんが、自分に向って直線でくる蹴り、というのは受けづらいし、受け損なってボディにもらっては、自分が効いてしまいますし、迂闊に相手の間合いに入ることはできません。

 また、ワンツーの突きからすかさず上段蹴りに見せかけた中段蹴りも多用していました。

上段の軌跡で技を出すと、相手が警戒して腕を上に上げます。

その時に、中段蹴りを叩きこむと相手のスタミナを奪うことができます。

そして、時おりオーソドックスな前蹴りをだして、相手に容易に間合いに入れさせはしませんでした。

 こういった技があるために、増田章、黒澤浩樹といった全日本のトップクラスの選手でさえも、攻めあぐね、有効な技もヒットせず、体重判定で敗れてしまっていました。 

 それもただの横蹴りや上段蹴り、前蹴りではなく、速く強烈な蹴りでした。 

 ただこういった技を出すだけでトーナメントを勝ち抜くことができるほど甘くはありません。

 この大会で、緑師範は、2つの一本勝ちをしました。 

 威力がなくてはそれらは可能であったとは思いません。

緑師範曰く、

「スパーリングを通して自分の得意な技がわかったから、それを強化するために自主トレをこなして完成させた」

 ということです。

 自分の技が有効であるのは、

 どんな技か、

 どんなタイミングでだすといいか、

 どういう技の組み合わせが良いか…

こういったことは千差万別で、どんな人にでも、こうすれば必ず誰にでも通用する、というものはありません。

ですからスパーリングをたくさんこなし、己の力を知り、その足りない部分を矯正し、長所は更にのばす、という工夫が必要です。 

 緑師範は、自分には横蹴り、前蹴り、上段蹴りがどうしても必要で、モノにするためにこれらの技を毎日毎日蹴りまくってモノにしたようです。

 このメルマガで何回も書いているように、中段蹴りや下段蹴りだけでは間合いを自分のモノにするのは技量の浅い人が相手の時だけです。

●技だけではありません。

 稽古で、スパーリングが続いて、自分はかなり息があがってしまっている。

そこで、よりスタミナをアップさせるために合同稽古をこなした後に、自主トレでスタミナトレーニングをこなす、ということが必要だと言えましょう!

 自分にスタミナが足りない、とわかった時に、

「みんなそんな息があがっていないのに、自分はあがっている…自分には空手の資質がないんだ!」

などと思わずに、 「スタミナがないなら、それを強化すればいいだけだ!」という考えに変えて、修錬に励んでいきましょう!

そういった楽観主義ですね、私が勧めたいのは!

横蹴り、前蹴り、上段蹴りに関しても、「自分には蹴れない…だから自分には資質がないんだ」と思うのではなく、 「持続して蹴り込めば自分にも蹴れるようになれる!」という楽観主義に変えることが必要です。

あなたは出来ます。

間違いなく!

そういった楽観主義は、

佐藤勝昭、盧山初雄、大石代悟、三瓶啓二、川畑幸一、桑島靖弘、七戸康博、黒澤浩樹、増田章、緑健児、八巻建志、数見肇、木山仁、アルトゥールホヴァニシアン

といった極真の強豪たちももっていた心理的な状態でした。

本当に強くなりたいなら、こういった成功者たちの心理も真似しなくてはいけない、というかすぐにだれでも真似できます!

その真似をするためのとっておきの情報冊子が以下です!

今だけ

「6800円」

での提供になります。

この機会をお見逃しなく!
  ↓
http://karate-rush.info/index.html








では、今回はこれにて終了いたします。

ここまでのご精読ありがとうございました。


おススメメルマガの紹介です!
    ↓

『フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』


空メール登録は
こちら
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。