スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェイトトレーニングの方法の落とし穴!


みなさん、こんばんは。

時の経つのは非常に早いもので、つい先日、バケツに水をたっぷり入れて頭からかぶっていたあの頃からもう4ヵ月になります。

こういった4ヵ月といった期間でも、きちんとした知識をもって稽古に励めば、たんと強くなれますよ!

しかし、さぼるとすぐに弱くなりますよ。

 私は、大学の頃、夏休みにバイトが忙しくて2カ月間ウェイトトレーニングをし忘れてしまいました。

ba-beru.jpg


 このくらいさぼっても、そんなに筋力は変わらないだろうとタカをくくり、久しぶりにウェイトをこなしたら、なんと2ヵ月前に挙げれた重量が挙げれなくなってしまいました!

 何キロで挙げれるのかなと思い、その重量から2.5キロ下げてもダメでした。

 仕方なくまた2.5キロ下げてもダメでした。

 さらに2.5キロ下げてもダメでした!

また2.5キロ下げてようやく挙げれるようになりました。

 例えば、普通、ウェイトの重量を40キロから挙げていく場合、

 40キロを10レップスを3セットこなします。

 それを週3回こなしていくと、1ヶ月後に42.5キロを挙げれるようになります。

 そして、その月から42.5キロを10レップスを3セットこなし、これを週3回こなすと1ヶ月後に45キロを挙げれるようになるのです。

 このように、10キロアップさせるには4カ月かかる計算になります。

要するに、私が2ヵ月間さぼったことによって4カ月間の努力が無駄になり、その重量をあげれるようになるためにはまた4カ月の期間が必要になったということです(汗)

これは非常に無駄でした。

こういった私の失敗談をあなたはお読みになったのですから、あなたはこういう轍をふまないように、充分注意してもらいたいものです。

●空手の修錬には、ウェイトトレーニングは欠かせません。

 もちろん、重量アップが大切なのはいうまでもありません。

 それによって筋力アップし、そのことによって攻撃力もアップしますから。

 しかし、空手にはウェイトトレーニングは欠かせませんが、ただ漫然と重量挙げに専念していてはダメです!

 先ほど書いたような段階を踏んだ重量アップももちろん必要ですが、それだけではいけないのです。 

 空手に必要な特有のトレーニングがあるのです!

●その内容については、以下の冊子に書いてあります。

今だけ

【6800円】

にて提供していますから、どうぞこの機会を御利用くださいませ!
  ↓
http://karate-rush.info/index.html


では、今回はこれにて終了いたします。

ここまでのご精読ありがとうございました。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。