「武道とは何か?」再び…






hatuo.jpg

みなさんこんにちは!

前回に引き続き、 「武道とは何か?」を考えましょう。

武道、武術は、他民族からの侵入から自分の身を守るために開発され、空手もその例外ではないといいました。

そのために、「競技空手」では

【手による顔面攻撃】

が禁止されているにもかかわらず、合同稽古では手による顔面攻撃(上段突きや顔面打ち)を練習しているのです。

そのことに矛盾を感じる人は多いと思いますが、空手は武道である以上、そういったものは練習しなくてはいけません!

他民族からの侵入は、今の日本ではありえませんが、もし暴漢や暴力的な人間が襲ってきたら

そういった輩に対し、とっさにそういった攻撃が出なくてはいけません!


または、そういった輩からの顔面攻撃を

かわす
封じる
そして、攻撃をいれてすぐに倒す


といったことがとっさに出来なくてはいけません!

●それが【武道家】というものだと思います!

現今の空手界を見るとそういった風潮は薄れ、手先のテクニックの開発ばかりに腐心しているように感じる、
のは私だけでしょうか?


そういった緊急事態にとっさに攻撃を出し、すぐに相手を沈める!

これが、武道の、そして空手の醍醐味ではないでしょうか?

●その緊急事態に必要なものは何かと考えた場合、必要な要素は何か?

手数なのか?

テクニックなのか?

攻撃のだす角度なのか?

力なのか?

タイミング何なのか?…何でしょうか?

【相手をサッと倒す!】

こういった魅力にとりつかれれば、空手や格闘技への修練のモチベーションは大幅に上がります!
間違いなく!

そうすれば、あなたは【稽古の虫】になることは間違いないでしょう!

そんな人生を送りたいと考えている人にとっておきの商材がコチラ!
  ↓
http://karate-rush.info/index.html






スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック